QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2005年12月31日



沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始−石垣から最果ての島へ 波照間

未明の4時半頃に話し声で目が覚める。おばあさんとその孫の会話である。さすがにこのときだけは「他のお客さんも寝ておられるので、お話は外でお願いします。」と手短に言って再び床に就く。でもすぐには寝られず、いったんロビーへと向かう。そこで石垣到着が遅れそうなことを知る。

翌朝7時半頃に再び目が覚める。先ほどのおばあさんから「朝方は申し訳なかった。」との一言があり、ほっとする。これまでにこの船で同様なことが何度かあったのだが、決して謝られたことなどなく、人々の常識のなさに嘆いていたものなのだが、この人たちはそうではなかったのである。とりあえず昨晩の第一印象は間違っていなかったようである。

昨日までの悪天とはうって変わり、だんだんと晴れ間が広がってくる。波も穏やかである。これなら離島行きの高速船も確実に出ることであろう。

結局石垣到着は35分遅れの10時50分。離島桟橋から11時に出る船に乗れるかどうかはかなり怪しい。下船口で同じように急いでいるらしい御夫婦と知り合う。お二人も11時に別の島へ向かう船に乗るということなので、いっしょにタクシーを拾うことにする。二人は船会社へ電話して船に乗るからと頼んだのだが、こちらは大丈夫だろうと高をくくり、そのまま離島桟橋へと向かう。着いたのは11時3分前。

ところが安栄観光はすでに満席。波照間海運のほうはこの時間になっても船が戻ってきていないとのことで、すでに欠航が決まっている。まさかこんな好天で船が欠航するとは思ってもいなかった。これならいつもどおり歩いてきても良かったのである。タクシー代を割り勘に出来たのがせめてもの救いである。そのまま竹富島へ渡ろうかとも思ったが、この辺で時間を潰すことにする。その時間4時間半。とりあえず15時半の船は出るとのことなので、乗船券はあらかじめ買っておく。それと同時に宿へも到着時間を連絡する。またすでに島にいる仲間へもメールを送る。結局波照間海運の船は11時3分に帰港したが、それでも2便は欠航である。この調子では島から出る人たちも大変であろう。

離島桟橋隣の730交差点に位置するホテルの1階にある「ランチビュッフェ980円」の文字が目に入る。以前から気にかかっていたこともあり、ここなら時間が潰せるだろうと思い、とりあえず入ることにする。内容についてはあえて触れない。せめて温かいものは温かくという原則ぐらいは守っていただきたいものである。ただ空いているうえに珈琲と紅茶も飲み放題なので、とりあえず時間は潰しやすい。2時のビュッフェ終了までここで粘る。

三が日のATM休止に備え、郵便局でお金を下ろしたうえで、街を歩く。ふと立ち寄ったお酒の量販店で「これから波照間へ行かれるのですか」と声を掛けられる。こんなところで誰かと思って訝しく思いながら見ると、なんと一昨年と3年前に「激写カメラマン」がニシハマで「激写」した女の子である。残念ながら今年は他の島へ行くらしい。実は6月に大阪で行われたある唄者のライブでわれわれを見かけたらしい。それほどまでに沖縄関係の人の輪は狭いのである。

八重山 石垣 波照間 大晦日のニューはてるま.jpg

15時半乗船。大晦日の便は買出し客や帰省の客で混んでいるかと思ったが、意外にもそれほどではない。この時期としては珍しくあまり揺れない。とはいっても外洋に出ると、船に弱い人ならいやな気分になるかもしれないぐらいの小さな揺れはある。ほぼ定刻の16時半頃に到着。早速迎えの車に乗り込み、一路宿へと向かう。

すでに宿には見慣れた顔が集まっている。もう5時近いこともあり、みんなそろって夕食前に夕日を見に出る。

八重山 波照間 大晦日の夕陽 八重山 波照間 大晦日の夕陽 八重山 波照間 大晦日の夕陽

昨年・一昨年とも悪天続きで、こんなきれいな夕日を見ることはできなかった。今回初めてこの島へ来た女性2人組みもいるのだが、本当に彼女らは幸運である。

定刻より少々遅れて夕食。とはいっても6時過ぎである。いつもの光景ではあるが、天気予報の時間になると、テレビの音量を一段上げて、みんな画面に釘付けになる。日の出の頃の天候はちょっと微妙なようである。ニュースでは沖縄、そして全国各地のあわただしい大晦日の映像が映し出されている。

食後は表に設けてあるゆんたく場でのんびりと。いつもどおりの光景である。みんなどんどん泡盛をあけていく。いつもの顔ぶれや夕日をいっしょに見に行った女性2人に加えて、さらに数名も加わっている。

例年なら9時ごろには「髭の唄者」がやってきて、居間で格闘技を見るのだが、今年は来る様子がない。そこで5人がさしずめ「人身御供」として「髭の唄者」の家へと赴く。残りの者も10時ごろになってそちらへと向かう。曙のつまらない試合も終わり、そろそろいい時間になってきたので、「宿で年越しそばが出ることになっているので」と断り、宿へと戻ることにする。怖いもの知らずの「髭の唄者」ではあるが、この宿のお母さんにだけは頭が上がらない。それを見越しての作戦である。そうしないといつまで引っ張られるかわからない。

沖縄そばを使った年越しそば。本当は沖縄では年越しそばの習慣はないのだが、わざわざ石垣から麺を取り寄せたうえで作ってくれたのである。本当にありがたい。ラジオからは除夜の鐘が聞こえてくる。2006年の幕開けである。


 




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。