QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2010年01月11日



韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)

最終更新2012年1月16日


ウル市西大門区の学生街・新村の北東側にこのスプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)はある。名前の通り、辺りは木に囲まれており、とてもソウルの都心からすぐ近くにあるとは思えないのどかさ。

ロッテマートソウル駅店の裏口にあたる西口を出て右へ曲がったところにあるバス停から出る緑色のバス7024番に乗車し、終点の奉元寺(ポンウォンサ)にて下車すると目の前にこの建物が見えてくる。あるいは地下鉄2号線の新村駅で下車。4番出口を出てからまっすぐ歩いたところにあるバス停より同じく西へ向かう7024番に乗車。公式サイトの交通案内はこちらから。

_20100112_0244.jpg

なお帰りのバスは同じ7024番でも新村行きとソウル駅行きの2種類があるので必ず運転手に確認すること。


大きな地図で見る

スッカマ(炭釜)利用の場合は5-20時に入場した場合は10000ウォン、20-5時に入場した場合は11000ウォンになる。カード払い可能。受付は2階にあり、男湯は3階で女湯は地下1階。更衣室内の受付に入浴券と靴箱の鍵を渡し引き換えにロッカーの鍵を受け取る。館内には日本語表示が充実しており、日本語ができる職員がいることもある。

浴室の大きな特徴としては足から述べるスッカマ(炭釜)で炭を作る際にできる木酢液を入れた浴槽があること。あまり他では見ない設備なので要注目。

男女共用設備は主に1階にあるが、チムジルバンは黄土チムジルバンの1つだけ。その代わりに他のチムジルバンなどにはほとんど見られないような炭釜(スッカマ)が屋外に5つ並んでおり、温度が高いほうから花湯・高温・中温・微温の札がかけられている。

ここへ入るにはスリッパを履いて屋外に出ることになるが、スッカマの中の床が高温になるため、厚手の靴下をはいていくことをお勧めする。特に花湯と高温は注意書きにも靴下着用と書かれている。また花湯に入るときには下駄に履き替える必要がある。

中温と微温はある程度の時間は入っていることができるが、高温になるとよほど慣れない限り長時間入っているのは難しいように思われる。花湯や高温ではほとんどの人が体や頭にタオルなどを巻き付けて入っている。中温や微温でもかなりの発汗が感じられる。なるべく微温から入り始めて徐々に体を慣らしていくのが無難であろう。

炭釜の前には火のついた炭が入れられたコンロが置かれていて、館内で売られているサツマイモやトウモロコシなどを焼いて食べることもできる。

炭釜の準備は次のようにして行われる。まず炭釜の中に薪を上まで入れて積み上げ、入口に煉瓦を積んでから土で塗り固める。そのあとで下の焚き口から火が熾ったままの薪を入れて点火し、火が落ちるのを待ってから炭を取り出す。その後温度が下がってから余熱を使って入浴する。

たまたま訪れたのは火曜日の午後だったが、毎週火曜日にこの作業が行われると言うことなので、作業に興味がある場合にはこの日に訪れるのがお薦め。

屋上にはこの炭を使って焼く焼肉が食べられる食堂もあり、なかなかおいしいとのこと。

仮眠場所としては更衣室奥の部屋と男女共用設備内にある雑魚寝のための部屋だけなので、ベッドなどは完備していない。

韓国国内でも数ヶ所しかない設備へみなさんもぜひどうぞ。








blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138943676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。