QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年03月19日



関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


和歌山県橋本市・天然温泉 ゆの里

今回は和歌山県橋本市にある「天然温泉 ゆの里」の御紹介。

和歌山県橋本市・天然温泉 ゆの里

南海電鉄高野線・JR和歌山線の橋本駅から無料の送迎バスが出ている。バスは改札を出てすぐの辺りから出発する。あるいは南海高野線学文路駅やJR和歌山線・紀伊山田駅からも1km程度である。

まず受付でロッカーの鍵を受け取る。館内の支払いはすべてこの鍵を見せることで行うことができる。支払いはまとめて退館時に行うことになる。支払いには各種のクレジットカードも使うことができる。なお館内着も無料で借りることができるので、仮眠室などを利用される方はお忘れなく。ただし安物のアロハといった風で、人によっては着るのを恥ずかしく思う方もおられるかと思われる。

浴槽に注がれているお湯には「金水」と「銀水」の2種類があり、「金水」は地下水、「銀水」は中性・高張性・冷鉱泉の含二酸化炭素、ナトリウム、塩化物・炭酸水素塩泉である。屋内のジェット風呂や打たせ風呂、屋外の露天風呂には金水が使われており、室内の浴槽1つと別室になったラドン風呂にだけ金水と銀水を混合したお湯が使われている。表示によると循環とかけ流しの併用、消毒ありとなっている。加水については特に書いていないが、金水と銀水を混合させている、ということは加水ありということになる。

別室のラドン風呂のほうが泉温が低いこともあり、じっくりとお湯に浸かることができる。無色透明で最初は特に浴感もないのだが、時間をかけて入っていると肌あたりが優しいのがわかってくる。アトピーの子供さんを連れた親御さんの姿が目立つ。おそらくこのお湯の薬効を聞きつけて通っておられるのであろう。手ですくったお湯を丁寧に子供さんの肌にかけ続けておられる方もおられる。

他にも乾式サウナとスチームバスがあり、スチームバスでは金水と銀水を混合した「月のしずく」が定期的に噴霧される。

洗い場にはゆの里由来化粧品の石鹸シャンプーやナチュラルボディーソープが用意されており、洗面台には銀水を顔などに噴霧することができるように用意されている。

2階では無料の美顔サービスコーナーもあるのだが、これはここで販売される化粧水の販売のためのものである。

3階には寿司コーナーやお好み焼きコーナーもある食堂、4階には男女別の休憩室もあり、温泉に入ったり出たりしながら1日中過ごすことができる。

1階のロビー横ではこんな光景が目に入る。

ゆの里2.jpg

入浴客には地下水である金水の無料での持ち帰りが認められているため、みんなポリタンクを持ち込んでいるというわけである。ということで、もし訪れられる場合にはぜひペットボトルなどのご用意を。また館内の数ヶ所では「月のしずく」を自由に飲めるようになっている。

料金はかなり割高ではあるが、1日過ごすつもりならば必ずしも高くはないであろう。また会員になると半額割引券がもらえたり、あるいは回数券なども利用したり、18時以降には大幅に割引になるため、そういったものをうまく利用すれば安く入ることもできる。なおここをクリックするとクーポン券を手に入れることができるので、訪れられる場合にはお忘れなく。

ただ一つ気になったのは館内のいたるところに掲げられている温泉の効能書。普通に効能をうたっているだけならばいいのだが、どこか必要以上に神秘性を強調した効能書も目立つ。時には宗教的なものさえ感じられる。しかしそれが逆に信頼性を損なわせるような気がするのは私だけであろうか。それよりも源泉の質にこだわった利用法を徹底するほうが最近の流れに乗っているのではと思われる。子供のアトピーなどを治すために、決して安くはない入浴料を払って通い続けているお客さんたちを惑わせるような表現だけは控えられたほうがいいのではないだろうか。本当に質のいいものは能書きがなくても評判が広がっていくものである。

いずれにせよ、ちょっとした小旅行を兼ねて訪れるには悪くない場所である。



関連記事

 大阪府泉佐野市・犬鳴山温泉 山乃湯 (アトピーなどの効能あり)
 和歌山県和歌山市・花山温泉 (アトピー・高血圧症・動脈硬化症などの効能あり)
 和歌山県和歌山市・天然温泉 銭湯 本町温泉 夢想乃湯(アトピー・高血圧症・動脈硬化症などの効能あり)




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。