前の記事 TOP 次の記事

2001年04月12日

モロッコ旅行記・2001年4月・メディナにて フェズ

ホテルより旧市街にあるメディナへ向かう。3キロほど離れているものの、途中にも見所があるため、バスに乗らず、歩いて向かう。王宮などを経由して、メディナの入り口に到着。メディナは外的からの攻撃から守るためわざと複雑に造られており、5年前に来たときはすごく複雑に感じたのだが、今回はそれほどにも感じない。

とりあえずあたりのカフェで朝食を取る。ごく普通のクロワッサンにアラブでは一般的なミントティー。過剰な甘さではあるが、乾燥した気候の中では口に合う。

メインの道は2本並行して東側にある広場へ通じており、この2本の道が一番人通りが多いので、人の多いほうへ歩いていればあまり迷うこともないのである。入り口のほうから広場へ向かっての急な斜面の上にメディナが作られており、それが構造を一段と複雑にしている。

いろいろなものを売ったり作ったりしているスークを見ながら歩き回る。食料品のスークでは鶏を生きたまま売っており、その場で絞めてくれる。確かに新鮮な素材である。これで調理法さえ豊富ならば・・・・・・。とにかくアラブ圏では調理法が限られているのが最大の悩みである。われわれのように昨日はしょうゆ味、今日は味噌味、明日は塩味などという発想はないようである。

それにしてもメディナの中は実に複雑である。坂を上ったり下ったり、突然建物の下の闇を通り抜けるかと思えば急に明るいところへと出てくる。その光と闇が交差することこそがメディナの魅力であろう。

メディナの中で5年前に訪れたカフェを発見。じゅうたん屋の屋上がカフェになっており、ミントティーを注文してから上へと上がる。屋上からはフェズのメディナを眺めることが出来るのだが、いかに複雑な構造をしているのかが手に取るようにわかる。


   


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。


posted by paipatiroma at 07:00 | モロッコ旅行記・2001年4月

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa