QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2001年04月13日



モロッコ旅行記・2001年4月関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


モロッコ旅行記・2001年4月・いったい何者? フェズ

また朝からメディナへ向かう。この日もいろいろなスークを見てまわる。そして、メディナの入り口付近にあるブー・ジュルード庭園にて一休み。木陰が多く涼しいので、たくさんの大学生がここで勉強しており、地元の学生たちと知り合うには最適の場所である。さらに庭園の西側にあるカフェ(La Noria)に行きミントティーを飲む。アラブ圏のミントティーは中国産の緑茶を使い、たくさんの砂糖と生のミントを入れて作る。わたしの口には合う飲み物である。

カフェにて休んでいると、一人の現地人が声をかけてくる。ここの経営者とは知り合いらしく、経営者のほうも名札を見せながら「私はガイドではない」とわざわざいってくる。別に悪い人間ではなさそうなので、多少の警戒心は持ちながらも会話を続ける。「友達が札幌にいる」などお決まりのパターンの会話を続け、わたしが今夜の夜行バスでエルフードに行き、そこからメルズーガを目指すことを告げると、エルフードよりもその先のリッサニへ行き、そこからメルズーガへ行ったほうがいい、エルフードは見るものもないと告げられる。

そのうち「このメルズーガのホテルに泊まったことがある。ここはよかった」といいながら、ホテルのカードを見せられる。どうせ友達か何かのホテルだろうと思いつつも、とりあえず話だけは聞く。「もしよければ、リッサニまで迎えに来るように電話しておく。」といわれるが、それは断りカードだけもらう。

そのうち彼のおじさんだと称する人間が現れ、「私は公務員だ。彼から仕事場へ行くところだ。」といい出す。そして、「もしよければわたしの仕事場まで来ないか。」といわれる。普段のわたしならまずついては行かないのだが、それほど悪い人間にも見えず、またある程度地理のわかっていることもあり、ついて行くことにする。

帰る道順を頭に入れながら彼らの車に乗り、おじさんのほうのうちへ行く。道すがらおじさんのほうは公営のじゅうたん屋に勤めており、ここでは女性の生活を支援するために彼女らの作るじゅうたんを販売しているのだと説明する。じつは明らかに同じ人物だと思われる人間の話を偶然Web上にて発見してしまったのである。詳しくは下をクリック。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~travel/610.htm
http://www5a.biglobe.ne.jp/~travel/611.htm
http://www5a.biglobe.ne.jp/~travel/612.htm

彼のうちに行った後、その後近くの店へ連れて行かれ(他にも外国人観光客が歩いているのを見て、とりあえずは安心する)、このじゅうたんはいらないか、スパイスはいらないか、なにか交換するものは持っていないかとい言われる。をいをい、彼の仕事場へ行く話はどうなったんだと思いつつ、まったく興味がない、つまらないという表情をする。

そこで彼らもあきらめたらしく、ホテルまで送ってくれることになる。途中ガソリンスタンドに寄った際、「ガソリン代をちょっと持ってくれないか」といわれ、頭にきて車を降りる振りをすると、慌てて止められ、結局新市街まで送ってもらう。ちょっとむかつきはしたものの、最初のカフェで支払いをしなかったことを思い出し、「まあいいか」と考え直す。やはり安易に人にはついていくものではない。

CTMバスの乗り場に行き、エルフード行きの切符をリッサニ行きに交換してほしいというと、「車掌に5DH払えばいい」といわれ、そのまま21時発のバスに乗り込む。運賃95DH。バスは新市街地のターミナルを出て旧市街地のバスターミナルを経由、その後市外へと出る。

国営のCTMバスだったため乗り心地は悪くないだろうと思っていると、座席も倒れず間隔も狭くて落ち着いて寝ていられない。あまりバス運賃の変わらないトルコのバスとは大違いである。おまけにモワイヤン・アトラスの山越えがあり、カーブの続く道を走るため、本当に疲れてしまった。昼間の便なら眺めもいいのだろうが。


   




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16230132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。