QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

1999年04月18日



イラン旅行記・1999年4月関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


イラン旅行記・1999年4月・両替交渉 テヘラン・イスファハン

ホテルのレストランにてイラン式朝食をとる。先述のとおり、宿泊料金の中にビュッフェスタイルでの朝食の料金が含まれているのである。イラン式のパンに加え、チーズやサラダ・目玉焼き・果物などがいろいろと並んでおり、飲み物のほうもコーヒーやチャイ(紅茶)・ジュースなどと種類が豊富である。この朝食には大いに満足できた。しかし、これがこのイラン旅行中で最高の食事になろうとは・・・・・・。

イスファハン行きのバスに乗るため、南バスターミナルへ向かう。その前に闇両替ができればと思い、ある両替屋に話しかけると、彼の店へ連れて行かれる。洋服屋が彼の本業らしい。US$1=80000Rlsでどうかと話を持ちかけると、「馬鹿なことを言うな。75000Rlsだ。」といわれる。

彼によると、前日にイランとアメリカ政府による接触が持たれ、関係改善の見込みができたらしく、そのためにリアル相場が上がったと言うのである。残念ながら事実が確認できないので、両替をせずに済ますことにする。両替の交渉自体は激しかったが、バスターミナルまでの行き方などは丁寧に教えてくれ、バスに乗る際の注意などもしてくれる。

乗り場に着くと一人の男性が話しかけてくる。言葉はさっぱり通じないが、どうやら彼もイスファハンへ行くらしい。いっしょに行こうと誘ってくれているみたいなので、とりあえずついていく。そうするともう一人の若い男が話しかけてくる。さっぱり何をい言おうとしているのかわからないが、やたら自分の財布を開いて振りかざしてくる。どうやら自分も日本に行って金を稼ぎたいとでも言っているらしいのだが、まったく興味もないので無視しつづける。それでもしつこく繰り返してくるので、本当に鬱陶しくなり疲れてしまう。

別れ際になって書く物を出してくる。どうやらわたしの住所などを教えろということらしい。つまり、日本まで来てわたしに連絡をとれば仕事が見つかる、とでも考えているようである。こういう甘い考えをしている人間がいるからこそ、安直に日本へ仕事を探しにやってくる人間が増えつづけているのであろう。国境であった彼ほど真剣に考えている人間は少ないに違いない。

バスは程なく見つかり、そのバスに乗り込む。途中バスが食堂に止まり、休憩を取る。さっそくザムザムコーラを頼む。これはイラン独自のコーラであり、コカコーラに負けず劣らずおいしい。ザムザムコーラだけでなく、ザムザムファンタもある。

変化のない風景を見ながらイスファハンへ到着する。ここでは有名な安宿である Amir Kabir Hostel に泊まる。チェックインしてしばらくすると、アジア系らしい宿泊者に出会う。ところが彼は日本人のようにも韓国人のようにも中国系のようにも見えない。あまり旅先では見ない顔立ちである。話を聞いてみると、なんと彼はタイ人らしい。韓国人や香港人・シンガポール人の旅行者と出会うことは会っても、さすがにタイ人の旅行者とだけは出会ったことがなかった。

彼と話しているうちに、神奈川からきたX君がやってきて会話に加わる。けっこうおやぢ臭く見えるのだが、わたしより9歳も年下らしい。フリーランスのライターをやっているのだが、なんといつのまにか某ガイドブックの執筆陣に加わることになっていた。世の中というのはわからないものである。

宿に荷物を解いた後、街へと繰り出す。もう夕方近くであったので、とりあえず近くのイマーム広場へ向かい、日没後の風景を楽しむことに決める。よくガイドブックなどにはここの広場でライトアップされた美しい写真が載っているのでそれを見たいと思ったのだが、残念ながら噴水が出ていない。理由はよくわからないが、大きい期待のひとつを裏切られてしまった。結局私の滞在中には噴水からの水を見ることはなかった。

その後ザーヤンデ川に掛かる橋の夜景をながめたあと、宿へと戻る。先ほどのX君と一緒に食事でもと思ったのだが、姿が見当たらない。仕方なく一人で食事に向かう。後で彼から聞いた話によると、何でも列車の中でであった地元の人の家に行っており、そこに泊まったらしい。彼はこの後も何度か同じようなことがあったらしい。そういうことに恵まれている星の下に生まれているのだろうか。

レストランに行くと、メニューとして用意されているのはチュロウ・モルグ(鶏の煮込みとご飯)、チェロ・ケバブ(ケバブとご飯)だけなのである。このあとどこのレストランに行ってもほとんど同じありさまであった。それゆえにテヘランのホテルでの朝食が旅行中の食事としては最高であったと書いたのである。


   




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。