QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2001年04月16日



モロッコ旅行記・2001年4月関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


モロッコ旅行記・2001年4月・砂漠からの脱出、そしてカスバ街道へ メルズーガ・リッサニ・エルフード・ティネリール

朝食もそこそこに乗り合いの車でホテルを後にする。料金10DH。1時間ほどでリッサニに着く。ここで会った日本人旅行者から、きょうは週3便しかないティネリール行きのバスがあることを聞くが、エルフードでグランタクシー(乗合タクシー)を乗り継いだほうが速いだろうと思い、バスには乗らないことにする。

ところがいざエルフードに着くと、他のティネリール行きの客がなかなか来ず、結局リッサニ発のバスに乗る羽目になる。ところが広場で切符を売っているものに料金を聞くと60DHだといわれる。前もってけさホテルの者に聞いていた金額の2倍であり、おかしいと思っていると、後ろに切符売り場があるのに気づく。料金30DH。他の街でも似たようなことがあるのだそうで、充分に気をつけたほうがよい。

いざバスに乗ろうとすると、荷物代として30DHも要求される。つまり60DHのうち30DHは荷物代だというのである。せいぜい5DHで充分なものであり頑として断るが、何人かがやってきて30DH払えと要求する。いつもなら大声でやりあうのだが、この日はそういう気にならずひたすら無視する。(本当はやりあったほうがよい)

ティネリールへ到着。妙に流暢な日本語をしゃべる客引きが寄ってくるが、怪しいのでついていかず、バス乗り場北側にある Hotel l'Oasis に宿を取る。街をうろうろしていると、先ほどの客引きと出会う。先ほどのバスでいっしょだった日本人客が彼のところに泊まっているので、取りあえずついて行きテラスに上がる。

そのあと一緒に街を歩くことになり、最終的にじゅうたん屋へ連れて行かれる。道すがら通り過ぎる人々が「すんまへんな。」といっているのをたびたび耳にするが、これはベルベル語で「失礼します。」にあたる言葉らしい。

この街の主な住民はアラブ人ではなく先住民族のベルベル人であり、このじゅうたん屋の人たちもベルベル人である。早速ミントティーがふるまわれ、「これはベルベルウィスキーだ」と告げられる。つまり、本来酒を飲まない彼らにとってはこれが酒の代わりだというのである(実際には少なからぬ人たちが酒を飲んでいる)。

じゅうたんを織るところを見せられているうちに商品のじゅうたんが運ばれてくる。「この印はベルベル人の歓迎の精神を表している。これは砂漠を、これは星を表している。」などと説明を受けるうち、「おまえはどの色が好きだ。」と聞かれる。

ここが非常に商売上手だと思うのだが、もし「どの色のが欲しいか。」と聞かれれば、こちらには買う気もないので即座に「いらない。」と答えてしまうのだが、「どの色のがすきか。」と聞かれるだけであれば、とりあえず「青色のが好きだ。」と答えてしまうのである。そうやって相手の好みを探り出し、最後には売りつけてしまうのだ。さすがは砂漠の商人、なかなかやってくれる。そして青色のじゅうたんが数種類運ばれてくる。

今度は「どの大きさのが好きだ。」と聞かれ、「これぐらいのが好きだ。」とこたえる。前と同じくその大きさのじゅうたんが数種類運ばれてくる。そのあとも同じようなことを繰り返す。

そうこうしているうちに値段が提示される。こちらはまったく買う気がないので極端に低い値段を提示する。何度も「いらない。いらない。」といっているとどんどん値が下がってきて、最初は1000数百DHもの値段を提示していたのが、いつのまにか100数十DHにまで下がる。

それでも「重いからいらない。」と断りつづけていると、「おまえは本当に頑固なやつだ。」といわれる。「私は買い物が嫌いなんだ。日本でもほとんど買い物をしないんだ。」というと「それじゃあ何か交換する物はないか。ペン、シャツ、ああそうだ、日本酒はないか。この間日本酒を飲んだが、あれはおいしかったぞ。」といわれるが、何も持っていないので、それも断る。本当は最後の値段なら買ってもいい値段だったのかもしれないが、いらないものはいらないのである。

最後に「うちの妹はどうだ。ベルベルの女はマッサージがうまいぞ。」といわれるが、これも断っておくことにする。あくまでもいらないものはいらない。

いらないものといえば、かつて大橋巨泉が司会を務める「こんなものいらない」という番組があった。番組の最後には毎回衛星回線を通じてアメリカにいるジャックという男性に大橋巨泉が「Hi Jack!」と呼びかけ、彼の意見を賜るという番組だったのだが、いつもこの番組を見ながら、「大橋巨泉、おまえこそいらない。」と思うのはわたしだけであったのだろうか。

番組最終回におけるいらないもののテーマが「大橋巨泉」であったならわたしも彼のことを認めるのだが、残念ながらそうではなかった。彼もまだまだ小者である。

話を元に戻そう。食事をしてホテルに戻ると2階のレストランではベルベルの民族音楽が演奏されている。スタッフから誘われてドラムをたたくことになる。そのうちにスタッフや客が曲に合わせて踊りだす。なかなかの盛り上がりようであった。毎晩8時半から10時まで行われているようである。


   




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。