QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年04月17日



キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


キューバ旅行記・2006年4月 カナダへ入国 バンクーバー

バンクーバー時間の8時ごろになって朝食が出る。日本時間では翌日の午前0時ごろ。朝食も2種類の料理から選ぶことができる。

予定よりもやや早い9時半頃にバンクーバーへ到着。私にとっては初めてのカナダの地である。不思議と時差ぼけはない。入国審査へ向かう通路の途中に米国行き乗り換え客はこちらへとの表示がある。これは米国行きの客はカナダで搭乗前に米国への入国審査を済ませてしまう関係であろう。それにしてもいたるところに日本語の表示がある。いかに日本からの旅行者が多いかということがわかる。

入国審査では目的や滞在日数を聞かれただけで、帰りの航空券の提示を要求されることもない。次の便まで14時間近くもあることであり、とりあえず荷物だけ先に預けてしまう。いつもはすべての荷物を機内へ持ち込むのだが、今回ばかりは空港の一時預かりへ預ける代わりに荷物をチェックインしておこうというわけである。これなら料金も取られない。両替の代わりにATMからCA$40をキャッシング。空港内を歩いているとA&Wを発見。日本では沖縄にしかこのA&Wはないのだが、さすがにこちらではいたるところにあるようである。今晩の夜行便に乗る前に立ち寄ることにしよう。

国内線ターミナルの前からバスに乗ろうとしたのだが、1日乗車券は車内で買えない、空港内のセブンイレブンで売っているとのことなので、一旦空港内へ戻り、セブンイレブンでトランスリンクの1日乗車券CA$8と路線図を購入。こちらもクレジットカードで支払いを済ませる。

空港から頻発するAirport Station行きの424番に乗り、終点でバンクーバー市内行きの98 B-Lineへ乗換え。1時間ほどでバンクーバー市内へと到着する。終点は地下鉄やシーバスなどの乗り場が集中するWaterfront。

とりあえず近くにある観光案内所へと向かう。たまたま対応してくれた女性の子供さんが神戸在住らしく、御本人も関西を訪れたことがあるとのこと。とりあえず地図をいただいて案内所を後にする。すぐ近くのシーバス乗り場から乗船。

10分ほどで対岸に到着。こちらは中心街と違って落ち着いた雰囲気の住宅地のようである。すぐ東側には市場があって生鮮食料品を扱っており、フードコートもある。中には牡蠣などをその場で割って焼いて食べさせてくれるお店もあり、観光客だけでなく地元の人たちで賑わっている。上へ上ると展望台があり、観光客で賑わっている。ここから眺めるバンクーバー市街地の姿はなかなか美しい。夜景はもっとすばらしいことであろう。

とりあえず一旦表へ出て西側へと向かう。途中でA&Wのカナダ本社を発見。やはり今夜はA&Wへ行けという思し召しなのだろうか。すぐ北側にWeekend Buffet $10.95の魅力的な文字が。残念ながら今日は月曜日。でもよく見るとWeekday Lunch $7.00の文字も見える。地元の人たちが次々と入っていくこともありとりあえず中へ入る。名前はその名もThai House Restaurant。何の捻りもあったものではない。

早速メニューを開くが、どこにもランチセットのような文字はない。しかもどれも$10以上の値段がついている。あれは見間違いだったのかと思ってよく聞いてみると、ランチセットはメニューの中の20種類のものから1つを選び、それに春巻きやサラダ・ご飯などがついて$7になるということらしい。どれを見ても$10以上のメニューであり、なかなかお得である。

再びシーバスで市内へと戻り、今度はWaterfront近くのGastownを散歩。このあたりはバンクーバー発祥の地であり、昔ながらの建物が立ち並ぶ。観光客の姿も多い。通りには蒸気時計などもある。ところが街の端まで来ると急に雰囲気がおかしくなる。人通りがめっきり減り、怪しい雰囲気も漂う。実はこのすぐ先に中華街があるのだが、そこまでのほんのちょっとの区域が最近治安の悪化が著しいらしい。というわけでここで引き返し、スカイトレインへ乗り込む。スカイトレイン・シーバスとも改札はない。その代わりに検札で無札が見つかると多額の罰金が科せられるというわけである。

そういえばちょっと戸惑うのがバスの降車口。日本のバスの場合はドアが開くまでステップには降りないというのが普通だが、ここバンクーバーではステップに下りるとその下にひいてあるマットのスイッチが作動し、ドアが開くようになっているようである。この辺はあらかじめ知っておかないと戸惑うことも多いだろう。

スカイトレインはここから4駅ほどの間地下を走り、そこから先は地上へと出る。郊外にはゆったりとした敷地の一軒家が立ち並ぶ。そのすぐ向こうには山々が見える。バンクーバーが自然に囲まれた都市であるということがよくわかる風景である。そういえばスカイトレインは日本の地下鉄と比べてかなり断面積が小さい。おそらくトンネルの建設コストを抑えるためなのだろう。

スカイトレインは「の」の字状の路線を走るため、元の路線との交差駅で一旦下車。目の前はA&Wの文字が。いかにも私に入っていけと言わんばかりである。早速ルートビアフロートを注文。沖縄へ行くと必ずたのんでしまうメニューである。

再びスカイトレインで中華街へと向かう。さすがに北米でも有数の華人の人口を誇る街だけあり、その規模も非常に大きい。所々に飲茶の文字も見える。中華街を歩き回ってからWaterfront方面へ歩いているとまた急に雰囲気が怪しくなる。先述の地域へ近づいてしまったようである。あわててやってきたトロリーバスに飛び乗り、中心街へと向かう。

ここからはグランビル島へ向かう。ここはかつて寂れた倉庫街だったのが最近再開発され、観光客や地元の客で再び賑わうようになった場所である。その中心には市場もあり、地元の買い物客が集まる。ここからは対岸の市街地へおもちゃのような遊覧船がいくつかの航路を持っており、観光客が利用する姿が見られる。

夕方になって西へと向かうトロリーバスに乗り、キツラノ地区へと向かう。このあたりはいろいろと流行の店が立ち並ぶ地域とあって食事のほうも期待していたのだが、残念ながらそれほどでもない。とりあえずギリシャ料理店に入りフィッシュアンドチップスを注文。なぜギリシャ料理店でフィッシュアンドチップスをたのんだかは自分でもわからない。とりあえずこれが食べたかったのである。

そうこうしているうちに21時になる。飛行機の時間が23時15分ということもあり、空港へと移動する。98 B-LineでAirport Stationへと向かう。こちらが到着するのとほぼ同時に空港行きも到着。すぐに出発するのかと思いきや、なかなか出そうもない。おそらくあまり明るいとはいえないこの乗り換え地点に乗客が長時間取り残される状態を防ぐためにこのようなことになっているのであろう。22時ちょうどにバスが出発。

10分ほどで空港に到着。空港の中の商業施設はほとんど閉まっている。もちろんA&Wも。定刻どおりの21時15分に離陸する。エア・カナダでは国内線の機内食や毛布・枕などがすべて有料になっている。これは夜行便でも同様である。幸いにも非常口前の足元にゆとりがある席であり、ゆったりと寝られそうである。搭乗率は約4割といったところであろうか。


       




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。