QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年04月21日



キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


キューバ旅行記・2006年4月 音楽の街 サンティアゴ・デ・キューバ(クーバ)

再び宿にて朝食。食後も宿の人たちと会話をしてのんびり過ごす。誰かから日本の旅館のことについて聞いたことがあるようで、興味津々の御様子。ハバナまでの経路について聞かれたのだが、飛行時間だけでも17時間半、トランジットの時間を含めると34時間半もかかったことを説明すると心の底からびっくりした様子。キューバにはヨーロッパからの旅行者も多いのだが、ヨーロッパの主要都市からは直行便が飛んでおり、こんなに時間がかかることなどは想像も出来なかったのだろう。

近くにある鉄道駅に入ったのだが、何か入り口で声をかけられる。若い私服の女性なので特に意味もないだろうと思っていると今度は制服姿の男性が。乗客以外は入ってはいけないのだそうである。改札の中というわけでもないはずなのだが、そういうことになっているらしい。

街角で見かけたこんなタクシー。バイクを改造したタクシーでココナツをイメージしてあり、その名もココタクシー。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ) ココタクシー

これとは対照的なのがクラシックカーを使用した乗り合いタクシー。こちらは基本的に外国人は乗ることができない。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ) タクシー

メーデーが近いからか、こんな表示をよく見かける。ハバナではほとんど見かけなかったのだが。やはりここサンティアゴ・デ・キューバが革命始まりの地だからだろうか。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ)
メーデー・フィデル(カストロ)とともに

平日にもかかわらず道に屋台がたくさん立ち並んでいる。何かのお祭?

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ)

石段にPAが置かれ、そこから大音量で音楽が流れる。それを聞きながらステップを踏む観光客たち。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ) サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ) サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ)

キャンディーを売る女の子の姿も。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ)

こちらではビール販売の屋台が。持参した瓶などに詰め替えて販売しており、350mlで6MN(約30円)。缶入りの4分の1程度の値段。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ) ビール販売

こちらは柑橘類の一種の皮をむいてジュースを販売中。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ)

今日も昼食はPlaza de Doloresへ。広場の南側にあるお店へ入る。もちろん今日も昼からモヒート。お店の中ではなぜかバンドが演奏の練習中。客席へ向かって聞かせているわけでもない。ちょうど演奏中の曲はBYSCでおなじみの「Chan Chan」。

サンティアゴ(サンチャゴ)・デ・キューバ(クーバ) レストラン

そういえば今日もいろいろな銀行や両替所を見て回ったのだが、日本円が両替できるのはPlaza de Doloresのすぐ北で、Jose A SocoとPorfirio Valienteの角にあるBanco Internacional de Comericioと、Plaza de Doloresのすぐ西で、Aguilera沿いにあるCADECAの2か所だけ。そのほかには見当たらなかった。もちろん窓口でのキャッシングはどこでもできる。

結局この他にはラム博物館を見学したぐらいで、ただひたすら街中を歩いているばかり。それでもさすがに街全体が世界遺産に指定されているだけあって、それだけでも満足した気分になれるのである。

早い目に宿へ戻って一休み。たった1泊ではあったが、まるで家族のように扱ってもらって非常に居心地のいい場所であった。ここからハバナで紹介してもらった宿のほうへ電話をしてもらい、予約も完了。もうここまで来れば自分で宿を探そうという気になれないほど気分的にのんびりとしてしまったのである。

ちょっと早い目にここで食事を済ませる。今夜は鶏のフライ。これまたさくっと揚がっており、外食するよりも美味しい。もちろん付け合せのご飯とサラダもたっぷりと。

既に乗車券は購入していることもあり、30分ほど前に着くつもりでタクシーを呼んでもらう。10分ほどでターミナルに到着。荷物を預けるのだが、例によってチップ攻勢。モロッコあたりの同種のふっかけと比べるとしれたものだが、こののんびりとした雰囲気の中でやられるとちょっと場違いな雰囲気にむっとしてしまう。

19時にトリニダーへ向けてバスは出発。運賃は33CUC。今日の乗車率は4割程度。やはり今夜もバスは寒い。今夜のバスは何ヶ所もに止まりながら目的地へ向かって走っていくようである。そのためか、今夜は夜食が配られる様子もない。


       




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17519683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。