QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年04月22日



キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


キューバ旅行記・2006年4月 石畳の美しい街 トリニダー

5時半頃に目が覚める。やがて街が近づき、細い石畳の道をずんずんと進んでいくのがわかる。それにしてもたいていの街ではバスターミナルというのは郊外にあるものなのだが、よくこんな旧市街地の真ん中にバスターミナルを作ったものだ。

まだ暗い6時ごろに到着。出発してから11時間の道程である。ここでもチップを要求されるが、サンティアゴ・デ・キューバのときと違って、要求というよりも穏やかなお願いのされ方である。辺りには宿からの客引きや宿からの斡旋手数料狙いの連中が多数いるが、サンティアゴ・デ・キューバのときほどは激しくない。すぐに私の名前を書いたボードを持った男性が見つかる。3分ほどで宿に到着。まだ頭のほうは半分眠った状態である。冷えきった夜行バスで熟睡するのはなかなか難しい。この状態で宿探しをしていたら大変なことであっただろう。

この宿もカサを示す三角の印は出していない。中の天井はとても高く、開放感がある。パティオを囲んで台所やシャワーがあり、これまた居心地がよさそうである。上のほうにはまだ熟していないマンゴーの木が見えている。とりあえずシャーを浴び、朝食をいただく。3CUC也。

客室に入ったところ、こちらも大変広い部屋で天井も高く、1人ではもったいないぐらいである。鍵を渡されたのだが、玄関の鍵が入っていない。どうすればいいのかと尋ねたところ、呼んでくれれば開けに行くからとの答え。カサの場合、玄関の鍵も貸してくれるところと、ここのように玄関の鍵は貸してくれないところの両方があるようであり、できれば最初にその点は確認しておいたほうがよい。一般的にキューバ人は宵っ張りとはいえ、やはり夜遅くに玄関の鍵を開けてもらうのは気がひけるものである。

一休みしてから街へ出る。さすがに8時半とあって人影はまばらである。ツアー客は海岸沿いのプラヤ・アンコンのホテルに泊まっている場合が多いため、トリニダーの街へ繰り出してくるのは10時半頃を過ぎてからのようである。静かな街を楽しみたいのなら10時ごろまでが一番よい。

キューバ トリニダー
まだ人気もまばらな朝のトリニダー

キューバ トリニダー キューバ トリニダー キューバ トリニダー

Plaza Mayorで出会った女子学生たちから写真を撮ってくれと言われて撮った1枚。街角で出会った黒猫。博物館の中から見たトリニダーの街。どれをとってもハバナやサンティアゴ・デ・キューバでは感じられなかったような落ち着きが感じられる。流れる時間も心なしかかなりゆったりしているような気がする。本当は1泊だけでハバナへ戻ろうかとも思っていたのだが、これなら2泊してもよさそうである。

街を歩いていると通りすがりの女性からスペイン語でなにやら声をかけられる。また客引きかと思い適当に相手にしておく。しばらく行くとZerqueraとEmesto Valdesが交わるあたりの建物の中から音楽の生演奏が聞こえてくる。中へ入ると先ほどの女性がいる。調べてみると、この場所の名前はCasa de la Cultura Julio Cueva Diaz。いろいろとこういった音楽の演奏などが随時催されているようである。建物の中には風が流れ、日差しの強い外とは対照的。その風と音楽の優しい心地よさゆえに1時間以上も過ごしてしまう。

キューバ トリニダー

再びPlaza Mayorにたどり着くと、目の前に階段が続き、その上になにやら建物があるのに気づく。階段の途中にはオープンバー、一番上にあるのはレストランのようである。ちょっと早い目に昼食をとることにする。他には客はいない。店の名前はCasa de la Musica。夜には音楽演奏などもあるらしいが、この時間はそんなものもなく、従業員たちもおしゃべりに夢中でいたってのんびりした空気が流れている。

キューバ トリニダー

上の写真は鶏のグラタンで、キューバで食した料理の中では一番美味しかった。4.5CUC也。右に並ぶのはもちろんモヒート。この強い日差しにはそのミントの香りがぴったり。テーブルの遥か向こうにはプラヤ・アンコンの美しい海も見える。思わずモヒートをもう1杯おかわり。全部で10.5CUC。

一度カサに戻ってシャワーを浴びる。ところが水を流しながらシャワーのスイッチを動かすとちょっと調子がおかしいことに気づく。お湯が出てこずに蒸気だけが出てきて、おまけに焦げ臭い。よく見るとシャワーの出口が真っ赤に光っている。あわててコックを閉めて表へ飛び出す。幸いにも石鹸は使っていない。私の声を聞いて、御主人たちが何事かとやってくるので事情を説明。心配するな、もう1つのシャワーを使ってくれとのことなので、そちらを使うことにする。十分に暑いので水だけでも十分なぐらいである。

シャワーを終えると電気屋さんがシャワーの修理中。実は日本のように離れたところの湯沸かし器などからお湯を給湯する方式ではなく、蛇口の先に電熱線が入った加熱器が付いており、そこで水がお湯に変わるという代物なのである。電圧が220Vの地域ではシャワーを浴びている間に感電死することもあるというすばらしい「文明の利器」である。幸いにもキューバは115V地域なので、感電するまでには至らないのかもしれない。これが修理中のシャワー。

キューバ トリニダー

蛇口を開いている間にはシャワー本体のスイッチは動かさないように、シャワーのスイッチを動かす場合には必ず蛇口を閉めてからにしてくれとのこと。皆さん方もくれぐれも御注意を。

シャワーの後は近くのバスターミナルへハバナ行きViazulバスの予約へと向かう。いつこの街を離れるか悩んだ末、やはりあさっての便に決定。隣の乗り場からはプラヤ・アンコン行きのトラックバスも出ている。ただし外国人観光客が乗れるのかどうかはわからない。

一旦両替などのため、新市街地へと移動する。土曜日とあって銀行は閉まっており、CADECAだけが営業中。ここも日本円は両替できない。よく見ると並んでいるほとんどの観光客たちがクレジットカードを手にしており、現金を両替する人たちは少ないようである。中にはキャッシングの際には宿泊先の住所を聞かれることを知らず、あわてて一旦宿へ住所を聞きに戻る者もいる。

その後再びPlaza Mayorから北側にある丘へと向かう。ここには18世紀のスペイン軍病院の一部であるErmita de Nuestra Señora de la candelaria de la Popaの朽ち果てた残骸が残っており、ここからトリニダーやプラヤ・アンコンの海を見渡すことができる。ほとんど人の通らないところではあるのだが、通り道にはアクセサリーを並べて売るものもおり、声をかけられる。果たして本当にこんなところで商売になるのであろうか。

キューバ トリニダー

この後スペイン語で夕食はうちでどうだと客引きするされる。とりあえず宿で頼んであるからいらないと言ってはみたものの、その意思も伝わらないようで、かなりしつこく付きまとわれる。最後にチェ・ゲバラが印刷された3MN札を売りつけようとしてきたのだが、その手口は既に耳にしていたため、さっさと追い払ってその場を立ち去る。

その後見かけたのがこのシボレー。アメリカから経済制裁を受ける前に入ってきたに違いないのだろうが、それにしてはあまりにも状態がよさ過ぎる。

キューバ トリニダー シボレー

宿のすぐ近くのZerqueraにあるMini Super Caracolで水その他を購入。他の店と比べて品揃えがよいようである。キューバはアメリカから経済制裁を受けているわけだが、たしかにアメリカ製品は見当たらない。マヨネーズはカナダ製、ジャムはスペイン製、コカコーラですらメキシコ製といった具合である。その後宿に戻り、あさってハバナへ戻ることを報告。ハバナの宿のほうへも連絡してもらう。

今夜も宿で食事を取る。当たり外れもあるのだろうが、一般的には宿の食事のほうが種類が豊富なような気がする。昼に続いて夜も鶏料理。付け合せには甘くないバナナのフライがついている。これがほくほくしていてけっこういけるのである。その他にも定番のインディカ米に黒豆を煮た物も大量につく。

この日は疲れがたまっていたのか、シャワーも浴びずに床につく。本当は軽く仮眠してからもう一度出て行くつもりだったのただが、再び目が覚めたときにはもう真夜中。やはり玄関の鍵を借りていなかったことがいまいち起きる気力に欠ける結果へとつながったのだろうか。


       




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。