QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年04月27日



キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


キューバ旅行記・2006年4月 いよいよ最終日

いよいよ最終日である。今日も5時過ぎに自然と目が覚める。飛行機は国内線で9時出発ということもあり、7時までにはここを離れることにする。地下のダイニングルーム兼談話室へ降りると、ちょうど同室の日本人男性がいる。ひとしきり会話をした後で、挨拶を済ませてここを離れる。

できれば物価の高い空港につく前に朝食をと思ったのだが、やはり開いている店はあまりない。そのうちに地下鉄の駅に到着。7時過ぎの列車に飛び乗る。終点のKipling駅から空港まではこの時間帯は20分毎の運行とのことで、ちょっと時間がある。とは言っても、改札内に食事をするところなどない。

ちょうど8時に空港へと到着。国際線のチェックインカウンターは長蛇の列であるが、幸いにも私はバンクーバーで国内線から国際線へと乗換え。国内線のカウンターは空いている。

チェックインカウンターと同じ3階にある検査場は混雑しているが、駐車場から直結する2階の検査場は比較的空いているので、こちらが狙い目である。

中へ入ると、あいかわらずTim Hortonsだけ長蛇の列。今日は時間もあることであり、ここに並ぶ。ようやく自分の順番がやってきたが、メニューが上方の端から端まで並んでおり、キャッシャーのところだけでは把握しきれない。おまけにドーナツ類が入ったショーケースも遠くにあるので、何があるのかさえもわからない。日本のファーストフードのようにキャッシャーごとにメニューをまとめたシートがあってもよさそうなものだが、そういう発想はなさそうである。

とりあえずクリームチーズを挟んだベーグルとエクストララージのコーヒーを注文。さすがにこれは入れ物が大きい。なかなか出発の時間までに飲み切れそうもない。そうこうしているうちに搭乗の時間となる。そのままその大きなカップも持ち込む。

機内にはやたら東洋系の顔が目立つ。機内アナウンスでは関空・成田行きのほか、ソウル・香港・上海行きなどへのバンクーバーでの乗り継ぎを詳しく案内しており、そちらへ行く客も多いようである。乗務員にも日本人らしき女性が登場している。おそらく言葉に不慣れな日本人客のためであろう。

国内線はアルコールに加え、枕や毛布、さらに機内食も有料である。それでいてヘッドセットは無料であり、しかも使い捨てとなっている。サンドイッチやカップ麺などを販売しており、とりあえず残ったドルでカップ麺を購入。11時ごろに到着とはいえ、3時間時差がある関係で、トロント時間では14時となるからである。

ほぼ定刻どおりにバンクーバーへ到着。1時間しかないが、一旦制限エリアから出る。先日に見つけたA&Wへ行くためである。品物が出てくるのを待っていると、後ろでじっと見ている日本人の御夫婦が。声をかけると、ちょうど日本から着いたばかりだそうで、トロント行きの出発を待つところ。出発までには時間がある上に、国内線では機内食が有料のため、ここで食べようかどうか思案中らしい。A&Wは日本では沖縄しかない上にけっこう美味しい、とお薦めしたのだが、当の御本人たちは隣の日本食が気になる様子。日本から到着したばかりにもかかわらず、日本食が食べたいという気持ちはいまいち理解できない。

再び検査を受けて搭乗口へと向かう。ところが搭乗口らしきあたりに座ると、周りの顔ぶれはどう見ても広東人にしか見えない。よく見るとディスプレイには「香港行き」の文字が。あわてて隣の関空行きゲートへと移動。ゲート前の売店で持ち合わせのカナダドルを使い切る。

定刻どおりの12時に出発。幸いにも今回は免税品店あたりでぎりぎりまで粘り、出発を遅らせて他の乗客にまで迷惑を掛けてしまう愚か者はいなかったようである。

出発から1時間半ほどして機内食が出される。カナダ人乗務員からは「Chiken or pilaf?」と聞かれたため、鶏料理にしたのだか、後から隣の列を回っている日本人乗務員からは「鶏肉と山菜御飯がございますが」の声が聞こえてくる。えぇ〜、聞いてないよ〜、あのねぇ〜、山菜御飯はピラフじゃないんですよ〜、お願いですから、カナダ人の乗務員にもその辺は詳しく説明しておいてくださいよ〜、山菜御飯とわかっていればそっちを選んでましたよ〜。まあとにかくいまさら愚痴っても仕方がない。

食事が終わるともう日本時間の6時半頃。これから朝というときに寝てしまうと時差ぼけが激しくなりそうな気もするが、11時間近い飛行時間では寝ないわけにはいかない。それにしてもいまどきパーソナルビデオすらないこの機材ではスクリーンが見づらい。

日本時間の12時半頃に2回目の機内食が出される。こちらも2種類から選ぶことができる。さすがに昼間からお酒を飲む人はいないようである。

やがて日本上空に差し掛かる。右手には日本アルプスが見えてくる。カナダ人の団体客たちから口々に「美しい」の声が上がってくる。確かに日本ほど観光資源に恵まれている国も少ないのである。紀伊半島沖から淡路島上空を通り、一路関空を目指す。明石海峡大橋を左手に見ながら、大きく右へ旋回する。北側から滑走路へ進入。

ほぼ定刻どおりの15時ごろに到着。入国審査を済ませ、預けている荷物もないことから、さっさと税関検査へと向かう。多数の国のはんこのおかげで検査が手間取るかと思ったが、スムースに終了。いよいよ旅の終わりである。

多くの人たちの好意的な視線と一部の者からの不快で嫉妬と敵意に満ちた目。でも全般的に見れば温かい人たちが多かったのは紛れもない事実である。直行便の飛ぶカナダやヨーロッパからは多くのリピーター客をひきつけるキューバ。一週間程度では堪能しきれない魅力がここにはある。


       




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。