QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年07月26日



韓国の食べ物・旅行・その他関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


KTX 韓国高速鉄道

それにしてもKTXはすばらしい。日本は先進国への仲間入りとされた東京オリンピックの年に100パーセント自前の技術で新幹線を実用化にこぎつけた。

さしずめ韓国で言えば1988年のソウルオリンピックがその年に当たるのであろう。それから16年も経った2004年4月1日にKTXは開業した。にもかかわらず、韓国は自主開発の技術ではなくフランスからの輸入技術、しかもわざわざ一世代前の旧型の技術を提供してもらい、開通させたわけである。

KTX 韓国高速鉄道 普通室 KTX 韓国高速鉄道 普通室 座席 KTX 韓国高速鉄道 普通室 グループ席
左からKTX普通室・普通室座席・普通室グループ席

すぐ隣には韓国同様トンネルの多い地形を走らせている日本の新幹線という優れた技術があるにもかかわらず、あえて自国と違いトンネルのない平野を走り抜けるTGVの技術を導入したのである。もちろん日本への国民感情という、技術的問題とは全く違った次元の判断からである。

このあたりに韓国人のすばらしさを感じ取ることができる。大変な資金と開発の手間がかかる自前の技術開発を放棄することによって面倒な手間を省くという合理性、あえて自分の国土には適さない技術を導入することによって生じてくる様々な問題にあえて立ち向かおうとする勇猛果敢さ、そしてそのあと問題が起きた際に自分たちで問題を解決しようとせず、結局技術を導入しなかったJRに対して技術援助を要求し、しかも無償での提供を要求してくるという大胆さ。どれもわれわれ日本人には持ちえない才能である。

正直言って彼らがうらやましく思えてくる。私なら契約を結ばなかった業者に対してとても技術の無償提供を要求するなどという大胆なことなんて考えようとは思わない。われわれ日本人もこの韓国人の大胆さは見習わなければならないだろう。

というわけで、最高時速300kmといっても、実際に300km出るのはほんの一部分だけである。通常車内モニターにはニュースなどが流されているのだが、加速しているときだけは誇らしげに速度が一緒に表示されている。

特室のほうは普通室より4割高とあって、さすがにゆったりとしている。しかしながら1ランク下のセマウルの普通室の方がゆったりとしているのはいかがなものだろう。

KTX 韓国高速鉄道 特室 KTX 韓国高速鉄道 特室座席
特室と特室座席

それにしても目立つのは車内で電話を掛ける人々。他にも書いたとおり、韓国人には自分の欲求に対して非常に忠実な人が多い。自分が掛けたいと思ったときに掛けたいところで掛けるのである。その奔放さには頭が下がる。特に特室よりも普通室の乗客にその傾向が強いようである。

そういえば私の後ろに座っていた乗客の電話もしきりに着信音が鳴っており、延々と会話を続ける。まわりの乗客など気にする様子もない。この豪快さこそが韓国人のすばらしさであろう。

今回は運行を開始して2年以上たってから初めてのKTX乗車である。というのも、試験運転中から在来線乗り入れ部分でお年寄りの死亡事故があったり、営業開始してまもなくに車内の設備で感電死した乗務員がいたり、あるいは平野部を突っ走るフランスTGVの技術を無理やり導入したため、高速でトンネルに突入した際に起きる衝撃が克服できておらず、トンネル部分では減速しているなどろくでもない情報ばかりが耳に入っていたからである。自分が乗った列車が事故を起こせばたまったものではない。本当に韓国人はその辺に関してはケンチャナヨである。

幸いKRパスを持っていると特室料金が半額になるため、全行程特室に乗車することになった。念のために普通室ものぞいてみると、これがかなり狭い。一つ下のクラスになってしまったセマウル号ののびのびとしたシートとは雲泥の差がある。おまけにシートは回転させることができず、方向は固定である。

ちなみに特室乗客にはいろいろとサービスがある。ミネラルウォーター・缶コーヒー・かんたんなお菓子類・アイマスク・英字新聞を含む各種の新聞・車内放送用のイヤホン(一般室ではW1500)などが無料で提供される。デッキ部分に置かれているため、自分で取りに行くことになる。


関連記事

 KRパス−韓国国鉄乗り放題







blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。