QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年08月20日



沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 暴走水牛に引かれて由布島へ 西表・由布島

館内放送で朝食の用意ができたことを告げられる。ご飯やパンなどが自由に選べるようになっており、自家製のジャムが何種類も食卓に並ぶ。

食後は早速バイクを借りて出かける。最初の目的地は由布島。思い切り観光地化されている場所ではあるが、とりあえず一度ぐらいは見ておいても悪くはないだろう。水牛車乗り場へ付くと今日最初の水牛車が出発するところ。あわてて入場券を購入して乗り込む。

おばあが水牛を操りながら島へと向かうのだが、途中でこのメスの水牛が暴走を始め、あっという間に由布島へ着いてしまった。おばあも突然のことに三線を弾くのを忘れたようである。

島の入口の横には水牛の休憩用の池があり、つながれた水牛が顔だけ出している。

八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 休憩する由布島の水牛たち

島そのものにはたいした見所があるだけではない。どちらかというと往復の水牛車が最大の見所といったところか。

八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 由布島の水牛車1 八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 由布島の水牛車2

1時間少々で島をあとにする。今回の水牛は最後まで一定の速度でのんびりと歩いていく。

再びバイクに乗り、道を走り続ける。道の終点にある南風見田の浜にたどり着き、そのまま折り返す。途中で昼食を取り、再び白浜へ向かって走り出す。白浜では船浮行きの船へと乗り継ぐつもりなのだが、果たして出発時間に間に合うものかどうか。

かなり飛ばしたおかげか、ぎりぎりで13時20分発の船に間に合う。船浮へは道路が通じておらず、こうやって船浮海運の船でたどり着くしかない。まさに陸の孤島である。

八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 船浮運輸 八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 船浮の港

10分ほどで船浮に到着。港のすぐ前に集落が広がり、民宿も数軒ある。ここからは山道を15分ほど歩いて、集落の反対側にあるイダの浜へと向かう。

八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 船浮看板

一応2年前から石垣発のツアーにもこの船浮が組み込まれたらしいが、それでもさすがに交通の便が悪いためか、ほとんど人も見当たらない。見渡す限りに砂浜と青い空が広がる。観光地化が進みつつあるとは行っても、その程度は知れたものである。

八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 イダの浜1 八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富 イダの浜2

再び15時30分発の船に乗って白浜へと戻る。残念ながら今回は時間が無かったが、今度来るときはぜひ船浮に泊まってみたいものである。

上原へと戻る途中に星砂の浜へと立ち寄る。ここもかなり観光地化された場所であり、あまり落ち着かない。早々に立ち去ることにする。

ガソリンを満タンにしてバイクを返却する。走行距離約100km。入れたガソリンの量・約3リットル。安上がりな交通手段である。

夕食を終えてロビーにあるソファーへと移る。正直言ってあまり落ち着けるような雰囲気でもない。適当なところで切り上げて部屋へと戻る。


 




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26877672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。