QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2004年12月29日



沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始−八重山で年越し(1) 那覇

今年も昨年に引き続いて八重山で年越し。

まずは神戸へと向かい、温泉銭湯(「神戸市灘区・温泉銭湯 六甲おとめ塚温泉」にて紹介)で一風呂浴びた後、夜行のフェリーで高松へと向かう。なぜに沖縄へ行くのに高松へ?と思われる方も多いことと思うが、実は航空券の関係である。詳細は省略。

三宮駅前から連絡バスに乗り、フェリーターミナルへ到着。行きはフェリー・帰りは難波までのバス乗車券が一緒にになったセット券を購入。3990円也。ちなみに往復ともフェリーにするとたったの2990円である。支払いをクレジットカードで済ませてしっかりとショッピングマイレージも獲得し、乗船口へ向かう。乗船客と下船客が階段でぶつかり合い、いざこざが発生。足蹴りを入れたり掴み合いとなる。少々客層が悪いのであろうか。関わり合いになりたくはない。

客室の中はリクライニングシートと大部屋の座敷とに分かれ、さらにかつての一等船室は女性専用室として割り当てられている。また客室入り口の横には無料で使えるマッサージチェアーが2台用意されている。マッサージチェアーに座っていると、下のうどんコーナーらしきところから乗客の大きい声が聞こえてくる。何かわけのわからないことでクレームをつけているらしい。客層が悪いのはこの船の特徴なのだろうか。

0時30分に神戸を出発し、定刻どおり4時10分に高松へ到着。程なく高松駅への連絡バスが出発する。10分少々で高松駅前へ到着。当然のことながらあたりは真っ暗である。おまけに小雨も降り肌寒い。一旦駅の中へ入るが、特に待合室といったようなものはなく、吹き抜けに椅子が置かれているだけである。とても時間が潰せそうにないので表へ出る。駅前には長距離バスのターミナルがあり、早朝から関空行きのバスなども出るためか、こんな時間でも待合室が開いている。こちらのほうはちゃんと暖房が効いており、こちらで夜明かしすることにする。

朝6時ごろになって街中へと向かう。牛丼屋か定食屋のような24時間営業の店がないかと探したのだが、まったく見当たらない。後からわかったのだが、中心街にはまったくその手の店がないらしい。とりあえずコンビニへ入り、ガイドブックで早朝から営業しているうどん屋を探し出し、そこへと向かう。

そのうどん屋は香川ではよくあるセルフサービスのうどん屋で、朝7時から営業。ちなみにフルサービスの店も併設しているのだが、そちらはもっと遅くに開店するらしく、しかもこの日は年末とあって休業とのこと。年末にもかかわらず、これから出勤らしきサラリーマンが数人入ってくる。味のほうはさすが讃岐うどん。安くても決して手は抜いていない。自分で麺をゆで(このときついでにどんぶりを温めるのを忘れずに)いろいろなてんぷらなどをのせてからお会計。だしはそのあとに入れてもよいようである。

市内にいてもすることがないので、ちょっと早い目に空港へ向かうことにする。こちらでも搭乗口へ向かう前にうどんを食す。われながら自分の食欲に感心する。

2時ごろに那覇空港へ到着。そのままゆいレールで市内へと移動する。大きな荷物を持ったままで市内をぶらぶらし、夕刻に那覇新港へ向かう。その前に行きつけのすし屋「南風(ぱいかじ)」へ立ち寄る。上・特上にぎりともに小食な人なら食べきれないほどの量で、一貫の大きさがとんでもなく大きい。魚のあらから取った味噌汁もおかわり自由になっている。それでいて特上がたったの1650円。そのような店なので、開店と同時に飛び込まないとなかなか入ることができない。

ちなみに八重山出身のここのご主人、私の記憶に間違いがなければ毎年9月に石垣で開かれるトゥバラーマ大会で優勝したほどの実力の持ち主である。妹さんご夫妻も三線の唄者であり、そのご主人のほうは知る人ぞ知る大工哲弘氏である。

食事を終えてから那覇新港へと向かう。有村産業の「飛龍」がわれわれ乗客を待ち受けている。「飛龍」の二等船室は二段ベッドが3つ配置された6人部屋で、各室にシャワーが設置されている豪華さである。バブルの真っ最中に建造されたらしく、サウナやプール・バーなどが設置されているのだが、経費節約のためかどれも閉鎖されている。

とにかく甲板からの星空を楽しみながら、ひたすら石垣へと向かう。


 




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。