QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2004年12月31日



沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始−八重山で年越し(3) 波照間

7時前に起床。台所から朝食を用意する音が聞こえてくる。みんなそれぞれ朝食の席につく。朝からかなりの量である。女性などは食べきれないであろう。ここでもみんなの目と耳はテレビに釘付け。言うまでもなく、天気予報を見るためである。数年前の沖縄の朝なら、ここに「ちゅらさん」を最後まで見るというのが加わっていたのだが。残念ながら天気予報によると今日一日は荒れ模様のようである。果たして飛行機や船は無事に着くのであろうか。

食事を終えてしばらくしてから港へと向かう。この日の一便で島へ入る仲間を迎えに行くためである。港に着くと、昨日浜で見かけた「激写モデル」の女の子と再会。残念ながら一便で帰るらしい。ということは、昨年の「激写カメラマン」との再会は実現しないかもしれない。まことに残念。そうこうしているうちに船が入港。仲間が船から出てくるのと入れ替わりにその女性は船へと乗り込む。やはり「再会」は実現しない。仲間を迎えて宿へと戻る。かなり船は揺れたらしい。

宿では昨日からの祝いの準備が続いている。その祝いの「主役」たちは次の便で着くのだが、果たしてこの天候の中で無事船は出るのだろうか。

船の到着よりもちょっと早めに港へと向かう。港で食事をするためである。ここの港のターミナルには食事のできるスタンドがあり、八重山そばやカレーを食べることができるのだが、このそばが絶品なのである。一般的に八重山そばは薄味なのだが、ここのそばは味がしっかりしている。ご主人は以前名古屋で料理人をされていたと聞いている。味がいいだけではなくて量も多い。私ともう一人はうっかり大をたのんでしまったのだが、われわれのようなよく食べるものであっても、大は食べきるのが難しい。ちなみにここではあの幻といわれる泡盛をいつでも飲むことができる。

ふと港に目をやると、海は荒れ模様である。本当に船は来るのであろうか。走行しているうちに宿のご主人が車で迎えに来る。とりあえず船は離島桟橋を出たとのことである。しかし途中で引き返さないという保証はない。

予定よりかなり遅れて船が到着。「主役」の二人が中から出てくる。そしてもう一人同宿の女性も出てきたのだが、完全に揺れでやられてしまったようである。しばらく座り込んだままで動こうともしない。二人に聞くと、やはり船会社からは途中で引き返す可能性もあると言われて乗り込んだらしい。それほど海の荒れはひどかったようである。とりあえずその女性を車に乗せ、宿へと向かう。車の中でも完全に動かない状態である。

宿へと着いたが、彼女だけは宿帳も書かずに部屋で休む。とりあえず彼女は宿において浜へと向かう。前日とは打って変わって大荒れ模様である。私と対照的に今回の「主役」である男性は「雨男」なのである。最終便で来る予定のご夫婦の男性のほうもかつては「雨男」だったのだが、奥さんの晴れパワーに負けたのか、最近は「雨男」を返上しつつあるようである。それにしても海の荒れ方はひどい。とても長居できるような状態ではない。最終便の時間も近づいてきたので、港へと迎えに向かい、無事合流して宿へと戻る。先ほどの彼女も復活したようで、とりあえずご挨拶。

やがて夕食の時間となり、昨夜と同じような光景が繰り返される。テレビのニュースでは本土での雪化粧した景色が映し出されている。こちらも八重山とは思えないくらい気温が低い。そして天気予報は明日も悪天候だと告げている。やはり初日の出は拝めないのであろうか。

夕食が終わってしばらくすると、「髭の唄者」が三線片手にやってくる。昨年は三線の代わりに奥さんと子供さん連れでやってきてテレビでボブ・サップの試合を観戦。われわれには紅白を見るなとの命令が下ったため、一人でこっそり抜け出し別の宿へと遊びに行ったのだが、今年はちょっと様子が違う。ただしテレビには格闘技が映し出されていることは間違いない。相変わらず遊び唄からしっとりとした民謡までレパートリーが広い。

さて今夜は「主役」がいる。その主役の二人を祝うために「髭の唄者」はやってきたのである。いろいろと趣向を凝らした祝いが続き、みんなでカチャーシーを踊って大盛り上がり。二人にとって生涯忘れられない日になることであろう。

宴もたけなわになったところ、テレビの格闘技が終了。「髭の唄者」が楽しみにしていたボブ・サップの試合が放送されないままに番組が終了してしまった。よく調べてみると、もう一つの局でも別の格闘技を放送しており、そちらにボブ・サップは出ていたようである。悲しそうな目をする「髭の唄者」だが、こればかりは仕方がない。残りの時間は紅白と行く年来る年を見て新年を迎える。いよいよ2005年である。


 




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4066625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。