QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2005年06月06日



関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


大阪市港区・天然温泉 銭湯 テルメ龍宮

#以下の記事は2005年6月現在のものですが、2005年年末に露天風呂を新設されましたので、こちらの記事(大阪市港区・テルメ龍宮 露天風呂を新設)も参考にしてください。


大阪の下町・港区にある温泉銭湯・テルメ龍宮のご紹介。

地下鉄中央線の朝潮橋駅で下車、線路沿いに大阪港方面へと向かい、市バスの港晴バス停を過ぎてすぐに南へ入ったところにこの銭湯はある。また梅田難波からの直通バスも頻発している。

大阪市港区・天然温泉 銭湯 テルメ龍宮

市営団地に囲まれた下町の中にそびえるその威容は立派なものである。中へ入ると真ん中には大きなフロント、そして左手には2階の休憩室への階段がつながっている。中へ入ると広々とした脱衣場が広がり、その奥には大きなガラス越しに浴室が見えている。でも不思議なことに浴室の中の人たちが一斉にこちらを向いているのである。実はこの銭湯、サウナだけではなく浴室内にもテレビがついているのである。1階の浴室ではちょうど入り口の斜め上あたりについている。

1階の浴室と書いたからには他の階にも浴室がある。1階浴室への入り口の横に地下浴室への階段がある。初めて来た人にとってはちょっと見つけにくいかもしれない。私も初回のときは戸惑ってしまった。小さな銭湯なら地下銭湯の浴室だけでも十分なくらいの広さである。温泉浴槽のほかにも白湯のローリングバスや椅子風呂などがあり、その向かいにはたくさんの洗い場もある。地下浴室の横には飲泉場もあるのだが、海の近くのためなのか、かなりしょっぱい。胃に効きそうな飲み口である。ちなみに地下浴室への入り口の前には「満員」のランプがある。かつてはこういった表示が必要なほど人で賑わっていたのであろうか。

1階浴室はいくつもの温泉浴槽と電気風呂などの白湯の浴槽が並び、さらにスチーム酸素室なるスチームバスもある。このスチームバスには通常の2倍の濃度で酸素が送り込まれており、また日替わりでゆずやハッカなどの香りが流されている。

浴室の奥には露天風呂と称されるものもあるのだが、これがいい味出している。さしずめ「探偵ナイトスクープ」で桂小枝がパラダイス探訪と称して撮影に来ても不思議ではないような雰囲気になっているのである。壁には龍宮の名にちなんで乙姫様の絵などが書かれているのだが、どう見ても小学生の描いた絵にしか見えない。また露天といっても実際には天窓がすりガラスになっていて、その一部が開いているだけであり、そこからは屋根のひさししか見えない。

でも泉質は申し分ない。源泉の温度が53.9℃、長時間入っていると湯あたりしそうなぐらい成分の濃い温泉はアトピーなどにも効くそうである。実際出てから肌がつるつるしたままだった。

さらに味があるのが2階の休憩室である。

大阪市港区・天然温泉 銭湯 テルメ龍宮 2階 休憩室

まるで田舎の公民館と見間違えそうなステージつきの和室に軽食コーナーとゲームコーナー。このひなびた昭和を感じさせる空間がたまらない。成分の濃い温泉入浴でぐったりとした後はこの休憩室でまどろむのが最高に贅沢な時間の使い方であろう。

たった360円の都会でのパラダイス。みなさんも一度どうぞ。



関連リンク

 大阪市港区・天然温泉 銭湯 テルメ龍宮 露天風呂を新設
 大阪市大正区・天然温泉 銭湯 JOY大正
 大阪市城東区・天然温泉 銭湯 志宜野(しぎの)華厳(けごん)温泉




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
paipatiromaさん!
ブログ開設おめでとうございます。
私も風呂好きでスーパー銭湯はよく行くのですが
これは安い。
今度行ってみます〜(仕事中に〜(笑))
Posted by べっちー@風亭 at 2005年06月07日 15:48
ありがとうございます。大阪から神戸にかけてはこのような銭湯でも温泉に入れるところが多いですから、順次掲載していく予定です。お楽しみに。
Posted by paipatiroma(管理人) at 2005年06月07日 19:34
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。