QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2005年06月19日



八重山関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


ハテルマイキ ナミタカシ 〜 波照間

石垣を中心に行き交う離島航路の中でもジェット機が就航するぐらい距離がある与那国は別として、波照間行きの船はその荒れ具合で有名である。

他の離島行きの船が内海を航海するのに対し、波照間行きの船は外海も航海するのである。通常は竹富島・黒島・小浜島・西表島を横目に見ながら30分ほど航海したあと、外海に出て20分ほど航海する。この20分ほどが天候によっては地獄と化すのである。

べた凪状態ならよほど船に弱い人でもない限り、特に問題はない。ところが悪天になると状況が一変する。並のジェットコースターどころではない。船長さんはできるだけ波と直角に進んでいこうとする。平行になると横倒しになる恐れがあるからだろう。そして向こうから波がやってくると、波の一番上に乗ったときに一旦エンジンを停止する。そして船が着水したとき、再びエンジンを入れる。これを数十分も繰り返して進んでいくのである。このつらさは体験したものしかわからない。

通常だと前記のように50分ですむものが、ひどいときだと1時間半もかかったりする。こうなったりすると地獄である。もっとひどいときにはこんな地獄の苦しみを味わいながら、結局これ以上航行を続けられないと引き返したりすることもある。

ちなみにこのような状態になったとき、できるだけその影響を抑える方法がある。できるだけ船室の後方に乗ることである。てこの原理なのか、前方のほうが揺れ方が激しいのである。だから地元の人やリピーターなどは努めて後方の座席を選ぼうとする。前に座るのは事情を知らない波照間初心者ばかりである。かつて悪天候のときに乗るのが遅くなって前方の席しか空いていなかったのだが、あの時だけは生き地獄以外の何物でもなかった。

波照間航路には波照間海運安栄観光の2社が就航しており、波照間海運はニューはてるまの1隻のみ、安栄観光では第78あんえい号がその任務に当たっている。航路免許の関係で、安栄のほうは多客期や悪天により波照間海運が運休する場合を除いては定員が12名と定められている。しかしながら実際にはこれを上回る乗客を乗せているのが実態である。

波照間海運のほうは所有する高速船がニューはてるま1隻のうえ、国から補助金も受け取っているため、悪天時には大事を取ってすぐに運休になるのに対し、安栄観光のほうは高速船を何隻も持っているためか、よほどのことがない限り朝の1便だけは必ず出すことが多い。というのも、朝の1便が海上の天候調査を兼ねているのと、1便には新聞や郵便物などの生活必需品が載せられているからでもある。両社とも1日3便ずつ出しているのだが、上記のような理由で一番運行される確率が高いのが1便、次に運行される確率が高いのが3便、一番欠航する確率が高いのが2便である。波照間へ旅行されるときにはこのことを記憶の片隅にとどめておいていただきたい。天候がよくない日に午後の飛行機に乗り継ごうとして2便に乗るのは大変危険である。おそらくその際は宿の人から指示が出るだろうが、その指示には従っておいたほうがよい。

悪天の場合も安栄観光は運行される可能性が高いのは上に書いたとおりだが、その結果として事故になってしまったこともあるらしい。悪天をついていざ出港したまではいいものの、波に打ち付けられて座礁してしまったようである。


 




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4384258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。