QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2007年04月25日



ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 車に乗り込めども・・・ウガンダ・カンパラ・ジンジャ

翌朝は7時過ぎに起床。雨も収まりつつある。ところが道路の舗装が行き届いておらず、赤土が剥き出しになっている道路が多いため、非常に足元が悪い。

ウガンダ・カンパラ・交差点

街中の信号に目をやるとまさに日本の信号機そのままの物が立っている。日本からの資金・技術援助で作られたものだろう。ぼんやりとスーパーの入っている建物の2階テラスから街の風景を眺めていると1人の男性から声をかけられる。また旅行代理店の客引きか何かと思って適当に話しているとどうやら様子が違う。健康食品に勤める男性のようで、会長が羽田孜首相(!!!)などと話している写真を見せられ、名刺を渡される。強引に何かを勧誘されたわけでもないのだが、一体何がしたかったのやら?

ウガンダ・カンパラ・公園

空港で知り合った女性から紹介されたウガンダで唯一の日本人が経営する旅行代理店・Greenleaf Tourist Clubに行ってみたものの、こちらの日程に合うようなツアーがなく、仕方なくジンジャへ移動することに決定。近くで偶然見つけたエミレーツ航空で予約の再確認も済ませる。そういえば街中には意外と緑が多く、上の写真のように大きな鳥が公園で休んでいたりもする。

ウガンダ・カンパラ・New Taxi Park

ホテルで聞いたNew Taxi Parkへと向かう。昨日のOld Taxi Pakほどの混沌とした感じではないものの、こちらもかなりの混雑ぶり。大多数が日本から輸入した中古車で、「○○幼稚園」「△△自動車学校」「××カントリー倶楽部」と書いた車がたくさんの乗客を乗せていく。

ウガンダ・カンパラ・日本製中古車

ジンジャへはタクシー(ウガンダでは乗り合いタクシーのことを単にタクシーと呼び、ケニアではマタトゥ、タンザニアではダラダラと名前が変わる)とミニバスの両方が出ており、ミニバスのほうが若干安くて安全性も高く乗り心地もいいが、乗客で満席になるまで少々時間がかかる。一般的にこの手の乗り物は満席になるまで出発しない。

10時過ぎに乗ってようやく満席になったのが11時過ぎ。ところがTaxi Parkの入口が異常に混んでおり、出るまでに30分以上が経過。市内を離れたのが12時過ぎ。これなら1時過ぎにはつくことができるとほっとしていたところ、12時半頃に突然車が故障。外に出されて修理を見守るが、そのうちにみんな我慢ができななり、道路を行くタクシーに手を振ってどんどん乗り込んでいく。「これがウガンダさ」と気休めを言ってくれる人もいるが、いつまでも待っているわけにはいかない。こちらも手を上げてタクシーに乗り込む。先程までのミニバスとは違ってかなり詰め込み方。

ウガンダ・ジンジャ・Bellevue Hotel

結局ジンジャに着いたのが2時半頃。早速向かったのが上の写真のBellevue Hotel。街全体が南から北へ向かって斜面になっているジンジャの街の北側に位置するここからは街全体とその先に広がるビクトリア湖が眼下に広がり、非常に落ち着いた雰囲気。街全体もカンパラとはうって変わったのんびりとした印象で、居心地がいい。

ウガンダ・ジンジャ・街の風景1 ウガンダ・ジンジャ・街の風景2

ところが要領を得なかったのがホテルの受付の女性。最初に通された部屋はバストイレ付きの部屋で眺めもよかったのだが、できればもっと安部屋はないのかと尋ねたのだが、言葉が通じないのか、あるいはできるだけ高い部屋に泊めさせようと思って判らないふりをしているのかわからないが、こちらの言うことに明確な返事が返ってこない。そうこうしているうちにこちらも疲れてきて、最初に通された部屋に決める。1泊30000シリング(約2000円)。

ここジンジャはウガンダの首都・カンパラとケニアの首都・ナイロビを結ぶ幹線上にあり、ウガンダ東部最大の都市であり、重要な工業都市の1つ。とは言っても町の中心は歩いて十分回れるほどの大きさであり、碁盤の目状の街には自動車よりもボダボダといわれるバイクタクシーや自転車タクシーの姿のほうが目立ち、いたってのんびりとした雰囲気。坂の上側になる北側へ登ると、ヴィクトリア湖の姿も見えてくる。

インド系住民の姿も多く、インド食材をそろえたスーパーやインド料理店も多く立ち並ぶ。かのイディ・アミンの時代には多くのインド系住民が国外へ追放され、そのおかげでこの街の経済もかなり滞ったそうだが、今はその多くがこの街へと戻り、再び活気を取り戻している。

予想より到着時間が2時間以上も遅れて3時半もまわったため、昼食代わりの軽食をとる。その後坂を南側へと下り湖へと向かうが、なかなか湖畔へ抜ける道が見つからない。そうこうしているうちに雲行きが怪しくなってきたため、声をかけてきた自転車タクシーに飛び乗ってホテルへと戻る。約2kmで300シリング(約20円)。ホテルへ着くのとほぼ同時に大雨が降りだす。

まだまだ疲れが残っているためか、夕食もとらずに6時半頃にとこへ就く。今夜は蚊帳を張るのと蚊取り機を動かすのは忘れない。


     




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54426030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。