QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2007年04月26日



ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ブジャガリ滝

ジンジャの2日目は5時半頃に近くにある複数のモスクから流れるアザーンの大きな音で目が覚める。日本時間ではお昼前の11時半とあって、早起きとは言っても苦にはならない。寝た時間が早すぎたせいか、なかなか再び眠りにつくこともできない。

ホテルでナイロビ行きのバスについてたずねてみたものの、さっぱり乗り場やら乗車券の買い方について何も知らないようである。仕方なしに朝食をとりに出かける。

既に7時半になっているとはいえ、ほとんど開いているお店を見かけない。なんとかまだ掃除中のお店に無理を言って入れてもらい、朝食をとる。揚げパンのようなマンダジ2つとポット一杯のミルクティーで2000シリング(約130円)。ちなみにここウガンダでもインド同様に紅茶はチャイと呼ばれている。

とりあえずバス乗り場へ行ってもナイロビ行きのバスは見当たらず、タクシーパークあたりでも見つからない。近くの人たちに聞いてみても誰も知らないようである。ようやく1人の人が場所を知っているとのことで、ボダボダ(バイクタクシー)の運転手に地元の言葉で行き先を告げてくれ、1000シリングで交渉成立。とは言っても距離がわからないので交渉の余地はなかったのだが。

連れて行かれたのは街の外れを走る幹線道路のロータリーの横で、何もない場所。どこで切符を買えばいいのかもわからない。ボダボダの運転手は地元の言葉しかできないようで、さっぱり言葉が通じない。ようやくその場に居合わせた人に話を聞くと、カンパラからナイロビへ行くバスがここを通るからここで待っていればいいとのこと。いや、そうではなく前売りの切符を買いたいのだ、どこで買えばいいのだと伝えると、ようやくこちらの真意を理解してくれ、運転手に行き先を告げてくれる。

結局やってきたのは街の中心にある旅行代理店。運転手はもう1000シリング払えと要求してくるが、本来なら片道500シリングで十分な距離。それで十分なはずだと言って断る。運転手も苦笑いしながら引き下がる。

16時にカンパラからナイロビへ行くAkamba Busが先ほどのロータリーを通過するとのことで、さっそく空席を確認してもらったところ、今日の便にはあと1席だけ空きがあるとのこと。早速発券をお願いする。33000シリング(約2200円)。

早速ホテルへ戻ってチェックアウト。荷物を預けてブジャガリ滝へと向かう。ホテルで聞いたところではボダボダは2000シリング(約130円)、Lonely Planetの情報では3000シリング、というわけで何とか2000シリングで行こうと何台も交渉するが、全員3000シリングから下げようとしない。仕方なく3000シリングで滝へと向かう。

約30分足らずでブジャガリ滝に到着。入域料がウガンダ人・ウガンダ以外の東アフリカ共同体国民(ケニア・タンザニア人)・外国人に分けられ、外国人は3000シリング(約200円)。ところが5000シリングを出したところ、お釣りがないからとりあえず1000シリング払ってくれ、残りは後でいいからと告げられる。

ウガンダ・ジンジャ・ブジャガリ滝

川まで降りていくと客引きされたため、乗り込むことにする。滝とは言っても那智のような大きい落差のある滝ではなく、いかだで下れる程度の滝なのだが、幅は非常に広く流れも早くて迫力がある。時々観光客の団体がラフティングで川を下っていくのとすれ違う。残念なことに近々ダムが建設される予定だそうで、この光景が見られるのはあとほんの少しだとのこと。

再びボダボダに乗りジンジャへと向かう。今度はいきなり2000シリングを提示され、交渉することもなくバイクにまたがる。

前回も書いたとおりジンジャにはインド系の住民も多く、その関係でインド料理店も数軒ある。早速そのうちの1つに入り、スペシャルターリーを注文。5000シリング(約3450円)ほどで食べきれないくらいの量が次から次へと出される。食事の後はホテルへ戻って出発の時間まで一休み。

バス出発予定30分前の15時半を目途に乗り場へと向かう。ボダボダ(バイクタクシー)の提示した金額はホテルで聞いていたとおりの500シリング(約35円)。そのまま交渉をすることもなくバイクに乗る。

着いたのは朝来たのと同じ場所。ウガンダとケニアを結ぶ大動脈とはいえ、単に土を踏み固めただけの道に過ぎず、特に舗装されているわけではない。だから車が通るごとに土埃がたつ。ロータリーのあたりにはガソリンスタンド以外に何も建物は見当たらない。そんな道端にはバスや乗り合いタクシーを待つ人たちがたくさんいる。

5-6人の女の子たちのグループがいたので話を聞いてみると、彼女たちもナイロビへ向かうとのこと。いまいち言葉が通じない男が近寄ってきた際に「彼はあなたの荷物を取ろうととしているようだ」と追い払ってくれる。

ところが予定の16時をまわってもバスはいっこうに来ない。30分たってもまだ来ないので彼女らがカンパラにあるバス会社に電話したところ、カンパラ市内の渋滞に巻き込まれているとのことで、まだまだ時間がかかりそうな様子。そのうち彼女らの中の1人を残して通りがかった乗用車に乗り込んで行ってしまう。予約せずにバスへ乗るつもりだったのだろうが、こんな長距離路線に予約もなしに乗ろうとする感覚はいまいち理解ができない。

16時50分頃になりようやくナイロビ行きのバスが到着。1人残った彼女と一緒に乗り込もうとしたものの、「君のバスはこれではない」と乗車を断られてしまう。仕方なく気長にバスを待つことにする。色々なタクシーやバスが通るたびに先ほどの言葉通じない男がいちいち寄ってきてごちゃごちゃ言ってくるのだが、それがよけいにこちらの不安を駆り立てる。どうやらこのタクシーに乗れ、あのバスに乗れと言っているらしいが、その真意はわからない。

ようやく17時になって1時間遅れでバスが到着。他にナイロビへ行くといっていた男性数名も乗り込もうとしたのだが、予約を持っていなかったらしく、乗車を断られている。

指定された座席は一番後ろの5人座りの席の真ん中で、急ブレーキでも踏まれようものなら放り出されてしまいそうな感覚の場所。予約する時にここしか空いていないがいいかと念を押されていたため、仕方がない。エアコンなどという気が利いたものは付いておらず、開け放たれた窓からはほこりが容赦なく入ってくる。

日も暮れてからバスが止まり、全員降りるようにとの指示が出される。どうやら検問らしい。男女別に並ばされ、1人ずつ身分証明書の提示を求められる。特に問題もなく再びバスは走り出す。

結局検問の際に一度止まっただけで、国境まで一度の休憩もない。結局国境に着いたのは21時近く。途中で食事休憩でもあるだろうと思って一食分だけのウガンダシリングが残してあったのだが、結局役に立たずじまい。

タンザニア側の国境には闇両替商が立ち並んでおり、ジンジャの銀行よりもレートがよいくらい。とりあえず残りのウガンダシリングをケニアシリングへと両替する。タンザニア側には特に店らしきものも見当たらない。

バスはこの場に停まったままだが、どうも同じバスの乗客たちはケニア側へ歩いているような気もする。とりあえず同じ方向へと向かったものの、よくわからない。再びバスへと戻って乗り込む。

やがてバスが動き出す。かなり空席も目立つ。ケニア側の出入国事務所へ向かい、ビザを申請して入国手続きを済ませる。料金はUS$50。写真は不要。この先にバス会社の事務所があるらしく、その近くで待つようにと告げられる。こちら側にはたくさんの食堂などが立ち並ぶが、出発時刻もよくわからないため食事をしていいものかどうかもわからない。

やがて先ほどタンザニア側からケニア側へとバスに乗らずに歩いてきたらしい乗客たちが次々と戻ってくる。どうやら事情をよく知っている乗客たちは先に歩いてこちらへ移動し、バスが出発するまでに食事を済ませたようである。20分ほどしてバスは出発する。


     




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。