QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2007年05月10日



ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット

突然4時40分空港全体にアザーンが鳴り響く。さすがはイスラムの国。このまま空港にいてもすることもないため入国手続きを済ませる。このドバイの空港には深夜から早朝にかけても発着便が多いため、例え早朝でも入国手続きをする旅行者の数は多い。出入国カードはないため、口頭で審査を受ける。今夜泊まる所はと質問されたが、このままマスカットへ陸路で抜けるつもりためそう告げたところ、手続きが終わったところで係官からいきなり「Bye-bye!」。いや、いくらすぐにオマーンへ行くと言ったからといって・・・。

バス乗り場を探そうとしたが、さっぱり見つからない。案内所も見当たらない。ようやくエミレーツ航空の職員らしき人を見つけて教えてもらうと、タクシー売り場の先のほうで、現在工事中の場所の裏側。これでは見つかるはずもない。乗り場にはすでにバスが停まっていたため乗り込もうとすると、お釣りが出ないとのことで、仕方なく売店へ行ってくずすことにする。次のバスが出るのは30分後。

何とか次のバスに乗り込んでエミレーツグループのDNATA本社前で降り(バス停名もDNATA)、そのまま交差点から東(右)へと歩く。次の交差点から北へ伸びる道を歩くと西側にマスカット行きバスの乗車券を扱う店が見つかる。今回購入したのはAl Munhal Stationery Storeという文房具店で、販売するのはオマーン国営のバス会社・ONTC。そのほかにも別のバス会社の乗車券を扱う店が2軒見つかる。マスカットまで往復で90DH、片道で50DH。ほかにサラーラまでのバスも出ている。

残念ながらほとんどのお店は閉まっており、1軒食料品店が開いているだけ。仕方なくパンと飲み物を買い込んでバスの出発を待つ。

7時30分にバスは出発。ドバイの市街地を過ぎるとハイウェイは土漠の中を走り抜けていく。道路はよく整備されており、ところどころに速度レーダーも設置されている。途中オマーンの飛び地も抜けていくのだが、どこがそうなのかはわかりにくい。ただ道路の設備がそれぞれの国で若干違っている。

2時間ほどでUAE側のハッタにある出入国管理事務所に到着。道路横のプレハブ小屋のようなところで手続きを済ませる。以前はハッタ・フォート・ホテル内で出入国手続きを行っていたようだが、現在ではこの道路上に設けられた施設で手続きを行う。

再びバスへ乗り込んでオマーン側のアル・ワジャジャへ移動。こちら側は堂々とした大きな建物が建てられている。幸いにもドバイからUAEへ入国した場合にはオマーンのビザは必要としない。パスポートを差し出すだけで入国手続きは終わる。ちなみにビザが必要な場合もビザ代はVISA・MasterCardで支払うことができる。建物の中には銀行の両替窓口もあるが、残念ながらこの時間は閉まっている。ちなみにVISAとPlusの取り扱いをするATMも設けられている。

またバスへ乗り込んで税関へ移動。ここでは荷物をすべて持って検査台の上へ乗せることになる。いちいちバッグを開けられ一つ一つ丹念に調べられる。

途中一度ファーストフード店での休憩を挟み、マスカット空港の前を通って13時45分にマスカットのルイにあるバスターミナルへ到着。ここから乗り合いのルートタクシーに乗り、北側の港沿いにあるマトラ地区へと向かう。料金100Fils。ルートタクシー乗り場のすぐ西側にあるCorniche Hotelに向かい料金交渉。最初は2階にある海に面したツインの部屋を朝食つきで15ディナールでと言われたのだが、他のホテルもあたってみると言うと、1階のシングルの部屋なら10ディナールでいい、ただし朝食は付かないということで話がまとまる。各種クレジットカードの支払いも可能。パスポートを預かられ部屋へと向かう。

シャワーを浴びてから街へ出たものの、非常に日差しが強く、ほとんど歩く人は見当たらない。見かけるのは観光客ぐらいである。やがてスーク入口近くのカフェにたどり着き、スークが16時に午後からの営業を再開するのを待つ。ふと海岸沿いの温度計を見るとなんと40℃。時間と共にその温度も上昇していき、最高で42℃にまで達する。

オマーン・マスカット・マトラ

スークの営業再開と共にスークへ向かう。夕涼みを兼ねた家族連れで一杯になる。そういえば今日は木曜日。金曜が休日のイスラム国では週末の夜ということになる。どこか手ごろな食事をするところはないかと探したものの、これといったところは見つからない。仕方なくホテル近くまで戻り、パキスタン料理店で夕食を済ませる。このあたりにはインドやパキスタンなどからの出稼ぎ労働者が多いこともあり、インドやパキスタン料理店が多い。


   




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54920352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。