QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2005年08月14日



沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


沖縄・八重山旅行記・2005年8月−いつもの店、そしてコザの温泉銭湯 中乃湯・銭湯 越来湯

昨夜は3時過ぎに寝たため、起きたのは9時ごろである。あわててシャワーを浴び、ちょっと遅い目の朝食へと向かう。

向かったのは壺屋にある金壷食堂。平和通りを壺屋へ向かって歩き、アーケードが右のサンライズなはへと続く地点からさらに一筋進み、その角を右へと曲がったところにこのお店はある。

那覇 壺屋 台湾 精進料理 食べ放題 金壷食堂

台湾出身の女性が経営するこのお店では台湾の精進料理である素食が出されている。一見お肉やレバーに見える素材も実は大豆や湯葉などで作られているのである。ちなみにたったの500円で食べ放題。ちなみにお客さんが少ない時間などは料理の種類が少なくなりがちなので、できるだけお昼時などに行ったほうがよい。営業時間は午前7時ごろから午後5時ごろまで。朝食が取れるお店が少ない那覇ではなかなか重宝するお店である。なおこのお店は年中無休なのだが、不思議なことにいつ行ってもこの経営者の女性がいなかったことは一度もない。いつ休みを取っているのか全くの謎である。

なお客層は那覇在住の台湾人や同じ建物にある三和荘という宿に泊まっている台湾人客が中心で、日本人のほうが少ないぐらいである。彼らの会話を聞いていると中国語の中に時々いろんな「おじさん・おばさん」のような日本語の単語が混じってくるのが聞き取れる。やはり歴史的に日本語とつながりが深いだけに日本語の単語が日常会話にも出てくるようである。

午後からはバスでコザへと向かう。今回はコザに残る2軒の銭湯・中乃湯と越来湯を訪れようというわけである。

まず胡屋十字路とコザ十字路の間にある安慶田バス停で下車。バス停西側の信号から南へ向かい、一筋目を左へ曲がると右手に古ぼけた建物が見えてくる。これが中乃湯である。

沖縄 コザ・温泉 銭湯 中乃湯

昨年訪れたときには3時過ぎには開いていたのだが、なんと今日日曜日は定休日。ということで、前回訪れたときの模様はこちらに(沖縄市(コザ)安慶田・温泉銭湯 中乃湯)

次は越来湯へと向かう。コザ十字路から北へと向かい、吉原の信号を左へと曲がると突き当たりに越来小学校が見えてくる。その正門前で右へ曲がりしばらく歩くと左手に見えるのが越来湯である。ところがここは5時から営業開始ということで、まだ2時間以上もあるということから、仕方なく写真だけ撮ることにする。ちなみにこちらは温泉ではない。

沖縄 コザ・銭湯 越来湯.jpg

夜は宜野湾市海浜公園へ。宜野湾はごろも祭りを見るためである。メインステージではカチャーシー大会が行われ、一般参加による数十組の団体が交互にステージ上でカチャーシーを踊る。げんちゃんこと前川守賢がひきいるげんちゃんバンドが何時間もぶっ通しで唐船ドーイなどを唄い続けている。恐ろしいまでの強い喉の持ち主のようである。

バスが混雑するのを避けるため終了を待たずにバスへと飛び乗る。幸いにも会場を出ると同時に那覇行きのバスがやってくる。

今晩はステーキを食べることにする。いつも那覇では辻にあるステーツサイズへ向かうのだが、今回はジャッキーステーキハウスへと向かう。どのガイドブックにも出ている有名店であるにもかかわらず一度も行ったことがなかったため、ためしにどのような店か覗いておきたかったのである。

中へ入るとガイドブックを持った観光客の集団。ガイドブックに取り上げられているにも関わらずその多くが地元の常連客で占められているステーツサイズとはかなり雰囲気が違う。正直言って「しまった!」との思いが。とりあえず席へ着いて早速注文する。メニューを見ると気のせいかステーツサイズより少々高いような気がする。とりあえずテンダーロインをたのんでみる。

早速来たステーキを食べてみる。たしかに悪くはないのだが、どうも何か足りないような気がする。テーブルに置かれているのはステーツサイズにあるA1ソースと違い、オリジナルソースのようなのだが、A1ソースに慣れた舌には酸味がほんの少し足りない。店の雰囲気も落ち着かずにがやがやしている。どうも私の好みには合わないようである。早々と食べ終え、店をあとにする。

西町へ移転したばかりのジャッキーと違い、ステーツサイズは米軍統治下のAサイン時代の雰囲気をそのままに残したお店である。何十年も前から使われたままになっているであろう食品サンプルの入ったショーケースを横目に、人によってはちょっと入るのを躊躇するであろう大きな扉を押して中へと入る。ちょっと暗めの照明に昔ながらのジュークボックス。返還前の空気をそのまま閉じ込めたような雰囲気には何か癒されるものがある。

食事のあとは再び「島思い」へ。今日はちょっと早めに帰る。とはいっても2時近くではあるが。


 




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6558540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。