QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2005年08月15日



沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


沖縄・八重山旅行記・2005年8月−漁連市場の「まぐろ食堂」、首里のお店「首里そば」「儀保まんじゅう」、そして八重山へ

朝は宿から借りた自転車に乗り、泊にある漁連市場へと向かう。

とまりんから海沿いに500mほど北上すると漁連市場へとたどり着く。目的は市場の中にある「まぐろ食堂」である。ほとんどのメニューが500円程度のこのお店では、どのメニューをたのんでもまぐろの中落がたくさんついてくるのである。

私はここではいつも味噌汁500円也を頼むことにしている。味噌汁といっても味噌汁茶碗に入って出てくるわけではない。どんぶり一杯に島豆腐やら様々な野菜が入った味噌汁が出てくるのである。これは沖縄の大衆食堂で一般的に見られるメニューの一つである。

ところで漁連市場にたどり着くと、この正月にはなかった建物ができている。中では魚やすしなどの小売りもしている。

那覇市 泊漁連市場

こちらの建物を一通り見てまわってから旧来の市場のほうへ入る。ところが様子がおかしい。まぐろ食堂があったはずのところには全く別の業者が入っている。そこで市場の人に聞いてみたところ、5月に新しい建物ができた際、まぐろ市場ともう1軒あった喫茶スタンドが立ち退きになったとのこと。移転ではなくて廃業してしまったらしい。仕方なく元へ戻ることにする。

お昼はゆいレールに乗って首里へ。といっても首里城に向かうのではない。首里そばという有名な沖縄そばのお店のおそばとを試してみようというわけである。平日のお昼だけにお店を開け、1日60色しか用意していないという店の実力はどれほどのものなのか自分の舌で確認してみたかったのである。

首里駅から歩いてほどないところにそのお店はある。店の前にはガイドブックを片手にした観光客の行列が。少々この辺に不安を感じる。かなりの待ち客がいるのだが、回転は早く、意外に早くに席へ着くことができる。

早速そばとジューシー(沖縄風炊き込みご飯)を注文。程なくして注文した品が出てくる。早速そばに箸をつける。かなり歯ごたえは強い。他のお店と比べるとかなりしっかりとしたこしがあるのは事実のようである。出汁のほうも鰹などのの魚介類から取った出汁と豚骨などから取った出汁をうまく合わせているようであり悪くはない。また値段も手ごろではある。でもわざわざゆいレールに乗ったうえでしかもこれだけの行列に並んでまで食べたいかというと・・・といったところである。まあ話の種としては決して悪くはない。

続いて儀保まんじゅうへと向かう。希望者には筆で赤字の「の」という文字を入れてもらえるため、通称「のまんじゅう」とも呼ばれている。店に入ると蒸したての饅頭が箱に入ったまま何箱も積み上げられており、人気の程がわかる。実際ある会社の車が何十個もの饅頭を仕入れていった。おそらく得意先か何かに配るのであろう。

那覇 首里 儀保 まんじゅう 饅頭

饅頭を注文すると前記のように「の」の字を入れるかどうかを聞かれ、そのあとに月桃の葉に包まれて手渡される。包んでもらったあとすぐに食べるのではなく、できればしばらく時間を置いてから食べるほうがいい。というのも、そのほうが月桃の香りが饅頭に移るからである。

那覇 首里 儀保 まんじゅう 饅頭 那覇 首里 儀保 まんじゅう 饅頭

お昼になって「民謡の花束」を聴こうとしてラジオ沖縄をつけたのだが、いつまでたっても始まらない。後で調べてみると、なんと平日の番組は終わって週末の放送となり、しかも番組の構成も大きく変わったらしい。放送していた国際通りにあるわしたショップ内のサテライトスタジオもなくなっている。平日お昼の楽しみの一つだったのに、残念。

首里をあとにして安里へと向かう。安里駅の隣には栄町市場が広がっている。昔から観光客の多い牧志公設市場や「ちゅらさん」で田中好子が働く場所として撮影に使われてから観光客が増えた与儀の農連市場と違い、ここは相変わらず地元の人々しか見当たらない。

那覇 栄町市場 那覇 栄町市場 那覇 栄町市場

もっとも最近はこのあたりにも新しいバーなどができ始め、徐々に若い人たちの姿も増え始めている。市場の中をうろうろしていると、以前には見かけなかったこんなお店に出会った。

那覇 栄町市場 昭和茶屋 那覇 栄町市場 昭和茶屋 那覇 栄町市場 昭和茶屋

写真を撮っているとお店の前に座っていたご主人に招かれ、お店の中へ。昨年会社を定年退職されたあと、この場にお店を開かれたとのこと。昔懐かしい看板や清涼飲料水の瓶が所狭しと並べられている。ご主人自身が集められたものやお友達から譲ってもらったものばかりだそうである。お店で流れるBGMはちょっと懐かしい歌謡曲が中心。ほっとできる空間である。

那覇 栄町市場 昭和茶屋 那覇 栄町市場 昭和茶屋 那覇 栄町市場 昭和茶屋

なお台湾との貿易のお仕事をされていたようで、その関係か台湾の食材も売られており、また店内では各種の点心なども食べることができる。落ち着いた雰囲気に手ごろなお値段。
市場歩きに疲れたときには最高の休憩場所であろう。まだ開店して1年ながら常連のお客さんもたくさんおられるようである。

昭和茶屋 TEL:098-885-0550 午前9時開店 火曜定休

夕方になって宿へと戻り、荷物を引き取って那覇新港へと向かう。いよいよこれから八重山へと向かうのである。出港1時間半前にもかかわらず、多くの人たちが行列を作っている。ちょうどこの日は有村産業琉球海運の両社が同時刻に船を出すためである。中には空席待ちであるにもかかわらず、乗船券引取りの列に並んでしまって話をややこしくした挙句、窓口の係員に怒鳴りつけているものもいる。たしかに整理しない職員たちにも問題はあるが、状況を自分で判断できない客の側にも大いに問題がある。大の大人がみっともない。混沌とした中で何とか乗船券を受け取り、送迎バスに乗って船へと向かう。

有村産業 フェリー 飛龍

有村産業の「飛龍」はバブルの真っ只中に作られたクルーズ船であり、バーやカフェ、カラオケルーム、ダイビングの練習用プールなど様々な設備がそろっている。ところがそのほとんどが閉鎖されており、使用することができない。採算が取れないのであろう。

船内の受付で部屋の指定を受け、自分の部屋へと向かう。2等船室は2段ベッドの6人部屋で、部屋ごとにシャワーとトイレがついている。したがって同室の客に恵まれるとすこぶる快適なのだが、そうでない場合には・・・。

出港時間が近づき、甲板へと向かう。那覇の街並みがどんどん遠ざかっていく。那覇空港の沖合いでは飛行機が離発着する様子も見ることができる。

有村産業 フェリー 飛龍

甲板ではゆんたくするグループや三線を弾いているものもいる。これもいつもながらの光景である。そのうち食事の用意ができたとのアナウンスが入り、レストランへと向かう。

有村産業 ふフェリー 飛龍 メニュー

一般的に船の上での食事は割高なことが多いのだが、上の写真に写したメニューを見ていただければわかるとおり、あまり市中と変わらない値段設定である。ただし朝食だけは多少割高である。今回は中味汁を頼んだ。豚の内臓をよく洗って、生姜などで味付けしてあるのだが、全くにおいもなく、美味である。食事が終わってから星空などを見て過ごすのだが、あまりにも手持ち無沙汰なため、部屋へと戻ってさっさと寝ることにする。ところが後に同室の客に恵まれていないことに気づくのである・・・。

11時ごろになって同室の客同士の話し声で目が覚める。確かテレビの音を小さくしておいたはずなのだが、いつの間にか大きくなっている。やがて片方の客が床に就くのだが、もう一人はテレビを見たままである。音を小さくする様子もない。12時をまわって番組が終わってもまだテレビを切ったり音を小さくしたりする様子もない。さすがに注意してテレビを消させる。ところが・・・。


 




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。