QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2005年10月01日



関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


神戸市兵庫区・天然温泉 銭湯 巳泉の湯 朝日温泉(クアアサヒ)

最終更新日2011年9月18日


今回は神戸市兵庫区にある天然温泉 銭湯・巳泉の湯・朝日温泉(クアアサヒ)のご紹介。

神戸高速新開地駅から南西へ5分ほど歩いたところにこの銭湯はある。新開地駅の駅長室前に広告が出ており、その地図にしたがって歩けば迷うこともないであろう。JR兵庫駅からは線路沿いに700mほど大阪方面へ歩くと線路の北側に見えてくる。周りは典型的な下町である。

神戸市兵庫区・天然温泉 銭湯 巳泉の湯 朝日温泉(クアアサヒ)神戸市兵庫区・天然温泉 銭湯 巳泉の湯 朝日温泉(クアアサヒ)

1階には駐車場とコインランドリーがあり、入り口横には源泉が湧き出している。

2階に上がると受付・脱衣場と喫茶コーナー・マッサージコーナーがある。さらに3階まで上がってようやく浴室にたどり着く。体の不自由な人にとっては少々厳しい構造である。

源泉が31度のため沸かされている浴槽もあるが、なんと言っても圧巻なのが、源泉風呂。31度の源泉が加熱・加水・循環もなしに惜しげもなくどばどばと注がれ、浴槽には炭酸ガスの泡や湯の花が漂っている。色はほんのり黄緑色。うっすらと鉄分も感じられる。阪神間の湾岸沿いにある温泉に共通した泉質である。季節によっては肌寒く感じるかもしれないが、暖かい季節ならこの源泉風呂がいちばん気持ちがいいであろう。

ちなみにこの浴槽に使っているときは何も感じないのだが、長時間浸かってから上がるとしばらくして心地よい疲れが襲ってくる。これはその成分が濃厚な証拠であろう。源泉風呂はちょっと不思議な構造になっており、広さそのものなら5-6人は入れそうなのだが、全体がかなり浅めなのにも関わらず、なぜか一部がより浅く作られており、その部分は非常に入りにくくなっている。だから実質的には3人が限度であろう。

適温に沸かされている温泉のほうには全くガス成分はなく、ちょっと物足りない感じがする。ここは主に源泉風呂へ入り、体温が下がりすぎたときに沸かされた浴槽で身体を温めなおすぐらいのほうがいいのかもしれない。また乾式サウナは追加料金がいるが、スチームサウナには追加料金が要らないのもうれしい。

浴室や脱衣場のいたるところに加熱・加水・循環・消毒はしていないことが強調してあり、泉質には非常にこだわっておられるようである。温泉はなんと言っても泉質が一番といった人にとっては最高の場所であろう。すぐ近くの新開地は戦前からの歓楽街であり、風呂上りに一杯なんて人には最適の場所である。


関連記事

 神戸市灘区・天然温泉 銭湯 水道筋灘温泉
 神戸市灘区・天然温泉 銭湯 篠原温泉
 神戸市灘区・天然温泉 銭湯 六甲道灘温泉
 神戸市灘区・天然温泉 銭湯 六甲おとめ塚温泉
 兵庫県明石市・天然温泉 銭湯 恵美寿湯
 兵庫県西宮市・天然温泉 銭湯 クア武庫川
 兵庫県西宮市・天然温泉 銭湯 浜田温泉 甲子園旭泉の湯
 兵庫県尼崎市・天然温泉 銭湯 築地戎湯




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8070040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。