QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2006年01月26日



関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


大阪市大正区・天然温泉 銭湯 JOY大正

今回は大阪市大正区にある天然温泉 銭湯 JOY大正のご紹介。

大阪市大正区・天然 温泉 銭湯 JOY大正

JR環状線と地下鉄の大正駅から鶴町四丁目行きの市バスに乗り、中央中学校前バス停で降りてバスの進行方向と同じく南へ進むと左手(東側)にこのJOY大正が見えてくる。また梅田難波阿部野橋からの直通バスもあり、特に難波と梅田からのバスは本数も多い。比較的新しい建物の中に入ると、非常に大きくゆったりとしたロビーがあり、生ビールやその他の自動販売機も置かれていて、風呂上がりの人たちがゆっくりと休めるようになっている。

浴室は1階と2階に別れているのだが、それぞれ違った構造になっており、男性は奇数日が1階・偶数日が2階、女性は奇数日が2階・偶数日は1階となっている。

1階の浴室の一番奥には水風呂があり、その隣の電気風呂から温泉が注がれ、その温泉が徐々にその隣の寝風呂やジェット風呂へと流れていき、最終的に大浴槽であふれ出すという構造になっている。そのほかにも有料の塩サウナのほかに、無料のスチームサウナも備え付けられている。残念ながら2階に比べるとかなり暗い。

2階へはエレベーターで上がることになるのだが、エレベーターを降りると目の前がすぐ脱衣室となっている。こちらも1階と同様に電気風呂から温泉が注がれ、順番に次の浴槽へと温泉が循環する構造になっている。こちらは1階と違って無料のスチームサウナがないのだが、その代わりに大きな露天風呂が設けられている。もちろん街中のため周囲の風景を眺めることは出来ないが、空は大きく広がっており、非常に開放感がある。横にはベンチも設けられ、温泉やサウナで火照った身体を冷ますことが出来る。この開放感は1階の浴室では味わえないものであり、個人的にはこの2階浴室のほうを強くお薦めしたい。

ちなみに中には温泉掘削当時の写真や資料も展示されている。

大阪市大正区・天然 温泉 銭湯 JOY大正

表示によると、弱アルカリ性・低張性の単純泉で、源泉の温度は48.1℃。ほんのりと黄金色で、ほとんどにおいはない。加水・加熱・消毒はされていないが、循環はされている。ご主人の話によるとごみ取りのためらしいが、これだけの湧出量があるのにもったいないような気がする。下水料金の関係で完全な掛け流しは無理なのであろうか。ちなみに冬でも上がった後は長い間温感が持続する。非常に温まるいいお湯である。



関連記事

 大阪市港区・天然温泉 銭湯 テルメ龍宮 
 大阪市港区・天然温泉 銭湯 テルメ龍宮 露天風呂を新設
 大阪市城東区・天然温泉 銭湯 志宜野(しぎの)華厳(けごん)温泉
 兵庫県尼崎市・天然温泉 銭湯 築地戎湯




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。