QLOOKアクセス解析
分野別記事一覧
関西の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(56)
関西以外の銭湯・スーパー銭湯・天然温泉・日帰り入浴(8)
韓国のチムジルバン・汗蒸幕・サウナ・炭釜(スッカマ)・温泉・銭湯・沐浴湯(18)
韓国の食べ物・旅行・その他(13)
旅行・お出かけ(6)
食べ物・その他(11)
ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国連邦・オマーン旅行記・2007年4月(21)
キューバ旅行記・2006年4月 ハバナ・トリニダー・サンティアゴ・デ・キューバ(16)
タイ・ラオス・ベトナム旅行記・2007年8月(0)
モロッコ旅行記・2001年4月(17)
イラン旅行記・1999年4月(14)
沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始(2)
沖縄・八重山旅行記・2006年年末・2007年年始 那覇・石垣島・波照間島・渡名喜島(0)
沖縄・八重山旅行記・2006年8月 石垣・波照間・西表・鳩間・小浜・竹富(9)
沖縄・八重山旅行記・2005年年末・2006年年始 那覇・石垣島・波照間島・宮古島(11)
沖縄・八重山旅行記・2005年8月 那覇・石垣島・波照間島・黒島(11)
沖縄・八重山旅行記・2004年年末・2005年年始 那覇・石垣島・波照間島(6)
韓国旅行記・2006年7月 ソウル・大田・木浦・釜山(5)
タイ・バンコク旅行記・2005年11月(4)
シンガポール-クアラルンプール-ペナン-バンコク旅行記・2004年4-5月(10)
八重山(3)
沖縄(3)
日記(0)


一番上から3つめまでの温泉・銭湯・チムジルバン(韓国式サウナ・岩盤浴)がこのブログの主な記事です。ぜひ一度ご覧ください。

また日本人にとってはあまりなじみのないキューバイランモロッコの旅行記もお薦めです。こちらもご覧ください。

2008年01月06日



沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始関係の記事をまとめて読む場合はここをクリック


沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ

最新更新日2008年7月30日

注:有村産業は2008年6月6日をもって全航路の運行を終了しました。
現時点では日本-台湾間の旅客船航路は存在しません。


5時ごろに高雄港へ到着。6時には入国審査官が乗り込んでくるとのことなので、準備してホールへと移動する。

ホールには乗客名簿を持った係官がおり、手続きを進めていく。日本側と違ってPC類などは用意されていない。入国審査は終わっても税関が開くのが8時半から9時半の間ということで、それまでは船内で待機する。その間に船内の食堂では朝食が用意される。昼食や夕食が比較的安めの設定なのに対し、若干朝食だけは高め。

8時半に下船が始まり、対岸にある入管設備へ艀で移動する。かなり検査は厳しく、荷物はすべて開けるように命じられる。両替設備などは一切ないが、出口付近に闇両替の女性が1人。後から実際に両替した人に聞くとレートも悪くない。

どこかでATMでも見つけてキャッシングすることにして市内へ移動しようとしたが、居合わせた日本人たちと一緒にタクシーで移動することに。ところが1人100元ずつをふっかけられたため、歩いて移動することに決める。

港を出て踏み切りをわたり、鉄道に沿って斜め右に歩き出すが、途中で道がわからなくなったため通行人に道を尋ねたものの、いまいちよくわからない。ということでタクシーを捕まえて乗車。高雄駅まではメーターで150元ほど。1人150円ほどの計算。着いたのは10時ごろ。ここでみなさんとはお別れ。

駅構内でコインロッカーを探したものの、さっぱり見つからない。実際には2階にあったらしい。とりあえず案内所で阿里山行きの列車時刻を尋ねる。ついでに国際ATMのある場所を尋ねたところ、セブンイレブンの中ならあるかもしれないとのこと。とりあえず駅西側のセブンイレブン内に発見。

やむなく荷物を抱えたまま市内へと向かうが、それほど見所があるような街には思えない。ということで阿里山へ向かうことに決定。バスへ飛び乗って駅へと戻る。

11時の自強号に乗り、嘉義へと向かう。40分ほどで嘉義に到着。阿里山森林鉄路の乗車券を購入してから昼食をとりに街へ出かける。ちなみに阿里山森林鉄路の乗車券は現金のみの取り扱い。

昼食を終えて駅に戻る。軌間762mmの軽便鉄道のため、車体の幅も狭く、座席は横3列の配置。リクライニングもできる。13時30分に出発。季節外れのためか、日曜にもかかわらず、車内には空席もある。

嘉義を出てからはしばらく市街地を走る。次の北門駅には蒸気機関車が保存されており、ここを過ぎるとだんだん傾斜がきつくなり始める。樟脳寮駅から大量の団体客が乗り込み、立錐の余地もない状態になる。その後交力坪駅までこの状態が続く。

奮起湖駅では長めの停車時間があるようなので、列車を降りて駅を出る。駅前には古ぼけた小さなアーケードがあり、土産物屋や食堂などが立ち並ぶ。映画の撮影などにも使われたことがある場所らしく、雰囲気のある場所ではある。ただ並行する道路が完成した関係で列車が1往復に減らされたため、実際には自家用車で訪れる観光客のほうが多いらしい。ちなみに表通り沿いにはセブンイレブンまである。

再び駅に戻ると売り子たちが立ち並び駅弁を販売中。いくつかの包装紙のものがあるが、どれが元祖か見分けることができず、適当な中から駅弁を購入。ご飯のうえに温かい鳥のもも肉を煮込んだものと副菜が並んで100元。

やがて列車が出発。停車時間は10分ほど。その後も険しい線路をひたすら登り続け、終点の阿里山へほぼ定刻の18時に到着する。とりあえずガイドブックに祝山御来光列車の乗車券は前日までに予約が必要と書かれていたため購入しようとしたものの、明日来てくれと言われて追い払われる。どうやら事前予約は不要らしい。

駅前には各ホテルからの送迎係がたくさんいるが、この人たちに宿代の交渉をしようかどうか迷っているうちにみんな客とともに帰ってしまう。ホテルは駅から坂や階段を下っていったところにあって歩いていくには少々面倒。どうしようか迷っていると1人だけ残っていた客引きに声をかけられ、とりあえずついていくことにする。

駅から階段を下りた左側には食堂や土産物屋が数軒立ち並び、そのうち1軒の階上が客室になっている模様。とりあえず中を拝見するとテレビや浴室は備わっており、部屋も清潔。当初は1000元を提示されたが、交渉で800元になる。季節外れの平日だったからもう少々値引きの余地はあったのかもしれない。他にセブンイレブン隣の食堂にも民宿の表示があがっており、空いている時期なら予約なしでも何とかなりそうな感じではある。

とりあえず食事に出かけるが、ほとんどの店は観光客向けで、下よりは少々高め。とりあえず適当な店に入る。日本語も添えられたメニューには鹿や山羊などの火鍋もメニューとして並び、牛肉や豚肉などの鍋と値段も変わらないのでこちらを注文。出てきたもののお味は・・・牛肉を頼んでもこんなものだったのだろうか。

朝早い街とあって9時ごろにはほとんどのお店が閉店。開いているのはセブンイレブンとハイライフのコンビニ2軒とスターバックスだけ。明日に備えて早々に寝ることにする。




blogranking.jpg  にほんブログ村 旅行ブログへ

ブログランキングに参加中です。もしこの記事がお役に立ちましたら、上の2つのバナーををクリックしてください。お願いいたします。



このブログを登録 by BlogPeople  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必ず入れてください。]

メールアドレス: [入れなくても結構です。入れてもページには表示されません。]

ホームページアドレス:

コメント: [必ず入力してください]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事一覧
(01/11)韓国・釜山市海雲台区松亭 海水楽(ヘスラック)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 広安海水ワールド(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・釜山市広安里 ホテルアクアパレス・Watermax(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 ユートピアスパ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市九老区・九老デジタル団地 シェラトンフィットネスプルガマサウナ(チムジルバン・汗蒸幕)
(01/11)韓国・ソウル市西大門区 スプソク漢方ランド(森の中の漢方ランド・炭釜24時)(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(07/18)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ウリ硫黄温泉
(01/06)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 高雄からいきなり阿里山へ
(01/05)沖縄・八重山・台湾旅行記・2007年年末・2008年年始 石垣からフェリーで台湾・高雄へ
(07/18)韓国・ソウル市城北区 ソウルレジャータウン(サウナ・チムジルバン・汗蒸幕)
(07/17)韓国・ソウル市広津区 天然温泉 ハッピーデイ(チムジルバン・サウナ・汗蒸幕)
(05/14)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 ウガンダ・ケニア・タンザニア 旅の基本情報・基礎知識
(05/12)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 超高級ホテルと室内スキー場
(05/11)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 再びドバイへ・マスカット・ドバイ
(05/10)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 空港に鳴り響くアザーン、そして砂漠のハイウェイを駆け抜ける ドバイ・マスカット
(05/07)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 クレーターで一生を過ごす動物たち〜サファリの日々(6)・ンゴロンゴロ保護区
(05/06)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 半身になったヌーの死体に群がるハゲタカたち〜サファリの日々(5)・セレンゲティ国立公園(3)
(05/05)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 えっ、ライオン? 十分間に合ってます〜サファリの日 々(4)・セレンゲティ国立公園(2)
(05/04)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 サファリの日々(3)・セレンゲティ国立公園(1)
(05/03)ウガンダ・ケニア・タンザニア・アラブ首長国・オマーン旅行記20007年4月 中国人はお嫌いですか? サファリの日々(2)・マニヤラ湖国立公園(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。